神保哲生の一覧

「神保哲生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/29更新

ユーザーレビュー

  • DOPESICK~アメリカを蝕むオピオイド危機~
    アメリカで数万人もの死亡者を出し、先進国の中で平均寿命が低下するという異例の事態の原因ともいわれる鎮痛薬オピオイド中毒。アメリカの病理とも呼ぶべきこのオピオイド中毒はなぜここまでの問題になってしまったのか、その理由を徹底的に取材してまとめあげたノンフィクション。

    オピオイドとは強力な鎮痛効果を持つ...続きを読む
  • 経済政策の射程と限界
    2020/10/06社会学のレンジの広さ 神保哲生氏・宮台真司氏
    社会学者哲学者の視点は大きい

    経済学は科学の装いーその代償に矮小化
    アダムスミスは道徳哲学者
    道徳感情論 同感能力が社会構成人に備る
    国富論   神の見えざる手
    経済学には市場の外部性の前提がある
    社会学では経済学の主流争いは無意味...続きを読む
  • PC遠隔操作事件
    【告白と沈黙の狭間で】殺人や航空機に対するテロの予告により,社会的に大きな注目を浴びたPC遠隔操作事件。この事件の全内幕を明らかにすることにより,現代の捜査制度や司法が抱える問題に深く迫った作品です。著者は,日本初のニュース専門インターネット放送局の設立者でもある神保哲生。

    こういうニュースがあっ...続きを読む
  • PC遠隔操作事件
    読み応え充分。著者は私が好きなラジオ番組によく出演されているのでなじみがあり、解説もわかり易く好きなので著書を読みたくなった。綿密な取材に基づく内容でこの嵩に見合った内容だ。マスコミの報道、警察の捜査・取り調べ、検察の姿勢などにも言及していて、単なる遠隔操作事件の詳細にとどまらない。この事件は結果オ...続きを読む
  • PC遠隔操作事件
    パソコンを遠隔操作されて、何も悪いことしてないのに警察に逮捕された人たちが、致命的な被害を被っている。
    警察がリークした情報を、記者クラブの飼い犬たちが、ろくに検証もしないまま、被疑者の実名まで晒して、ただただ間違った情報を垂れ流したために。
    中でも、明治大学を退学に追い込まれた大学生や、仕事が忙し...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!