神保哲生の一覧

「神保哲生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/12/22更新

ユーザーレビュー

  • PC遠隔操作事件
    これは名著。片山祐輔が行ったPC遠隔操作事件をまとめている。約550ページもの分量で詳細に書かれている。

    最近でもCoinhive事件やJavascript無限ループアラート事件など、取るに足りない内容のものが逮捕され裁判まで行われている。PC遠隔操作事件の反省が全く生かされていない現実に落胆せざ...続きを読む
  • PC遠隔操作事件
    【告白と沈黙の狭間で】殺人や航空機に対するテロの予告により,社会的に大きな注目を浴びたPC遠隔操作事件。この事件の全内幕を明らかにすることにより,現代の捜査制度や司法が抱える問題に深く迫った作品です。著者は,日本初のニュース専門インターネット放送局の設立者でもある神保哲生。

    こういうニュースがあっ...続きを読む
  • PC遠隔操作事件
    読み応え充分。著者は私が好きなラジオ番組によく出演されているのでなじみがあり、解説もわかり易く好きなので著書を読みたくなった。綿密な取材に基づく内容でこの嵩に見合った内容だ。マスコミの報道、警察の捜査・取り調べ、検察の姿勢などにも言及していて、単なる遠隔操作事件の詳細にとどまらない。この事件は結果オ...続きを読む
  • PC遠隔操作事件
    パソコンを遠隔操作されて、何も悪いことしてないのに警察に逮捕された人たちが、致命的な被害を被っている。
    警察がリークした情報を、記者クラブの飼い犬たちが、ろくに検証もしないまま、被疑者の実名まで晒して、ただただ間違った情報を垂れ流したために。
    中でも、明治大学を退学に追い込まれた大学生や、仕事が忙し...続きを読む
  • PC遠隔操作事件
    風化同然の当事件に様々な課題を見出して、このタイミングでの出版は評価に値するかと。
    ただ、同じことの繰り返しは、本は戻って確認できる媒体なので、勘弁して欲しいものです。
    片山氏が精神科を受診していたようですが、精神科医の存在意義に疑問を感じました。
    検察、警察、裁判所、マスコミとみんなノーリスクだか...続きを読む