中神康議の一覧

「中神康議」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/11/25更新

ユーザーレビュー

  • 経営者・従業員・株主がみなで豊かになる 三位一体の経営
    会社の課題図書として購入したが、非常に良書であった。現在のトレンドの経営スタイルを理解できるとともに、私の会社の進もうとしている方向性の理解にもつながった。
  • 経営者・従業員・株主がみなで豊かになる 三位一体の経営
    投資すべき会社の本質を極めた本。ある程度会計的予備知識がないと難しい(ROE>=ROIC>=ROA>WACCの式は秀逸!)

    投資を同等以上に毎年行なっていて、障壁を築けていることが大事。コスト優位、顧客の囲い込み、規模の経済と顧客の囲い込みの組み合わせができている会社が勝つ。経営者の仕事は素晴らし...続きを読む
  • 投資される経営 売買(うりかい)される経営
    ビジネス書は仕事に必要なのでしかたなく読む。今回も会社の人に勧められて読むことになったが、一言でいうと大変良かった。
    なぜなら、投資や株式という言葉自体に懐疑的なイメージを持ってしまう私の、投資という言葉への誤解を解き、理解を進めることになったからである。

    また、著者の日本企業に対する熱い思いや、...続きを読む
  • 投資される経営 売買(うりかい)される経営
    「投資事業は付加価値が低い」という基本経済性(宿命)により、投資家は必死に割安株を探したり、さっさと売り抜ける。

    投資家の多くが短期業績や株価に対して神経質に見えるのは、投資先企業への依存度の高さにある。そして短期投資家は短期業績を類推する事で、超短期のデイトレーダーは株価の上下だけを追いかける事...続きを読む
  • 経営者・従業員・株主がみなで豊かになる 三位一体の経営
    経営に投資の長期利回りの考え方から、継続的な価値を生み出すポイントを明確に示している。経営者が変革と創造を必要とするのは、継続的な超過利回りを生み出し続けること、そのために平均的でない、度を超えたリスクテイク(リターン)とコスト投下(プロフィット)を意思決定することにある。経営者の仕事が偉大すぎて、...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!