スーザン・イーリア・マクニールの一覧

「スーザン・イーリア・マクニール」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/02/19更新

ユーザーレビュー

  • スコットランドの危険なスパイ

    一押し

    このシリーズはとにかく面白い。前作がホントに気を持たせる終わり方だったので今回の作品を楽しみにしていたが、期待を裏切られずハラハラしながら読んだ。自らが諜報員になるなんて設定は最初は読者には想像できないことだったが、シリーズが進むにつれ超過酷な任務にも果敢に挑み、数学的頭脳を駆使して事件を解決して成...続きを読む
  • スパイ学校の新任教官
    マギー・ホープのシリーズも4作目。
    作品ごとにけっこう、雰囲気が違います。
    第二次世界大戦中の話なので、ヒロインたちの若々しさと状況の重さが微妙なバランス。

    3作目が非常に重い幕切れだったので、4作目はさあ!復活の巻でしょ。
    1941年初冬。
    マギーは現場を離れ、心を閉ざした状態。
    スコットランド...続きを読む
  • チャーチル閣下の秘書
    「エドワード8世」時代(宝塚でいえば)の歴史フィクション。割りに硬派なスパイもので、お話の伏線がしっかりしていて、久々に続編を読み進んで面白いシリーズに出会えました。
  • スコットランドの危険なスパイ
    マギー・ホープのシリーズ、8作目。
    第二次世界大戦中、アメリカ育ちのイギリス人の若い女性マギーがスパイとなり、各地の重要なシーンで活躍します。

    前作の任務の直後、さらなる過酷な指令を断ったマギー。
    重要な機密を知ってしまったからという理由で、孤島に送り込まれてしまいます。
    外界との接触はほとんどな...続きを読む
  • ホテル・リッツの婚約者
    マギー・ホープのシリーズも7作目。
    マギーはアメリカ育ちのイギリス人で、優秀でいきいきした女性。
    戦時下にロンドンにいたため、チャーチル首相の秘書を務めたことからスパイの道へ。

    今回の任務は、ナチス・ドイツ占領下のパリへの潜入。
    1942年、送り込まれていたスパイたちが消息を絶つという危険な状況で...続きを読む