左近司祥子の一覧

「左近司祥子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/11/06更新

ユーザーレビュー

  • 初級者のためのギリシャ哲学の読み方・考え方
    著者の考えに引っ張られるような気もしたが、入門書としてとてもわかりやすく、いい一冊だと思う。足りない部分は、これから他の本も読んで補っていきたい。

    友人から「なぜ私だけが苦しむのか: 現代のヨブ記」の感想を聞いていたため(わたしは未読)、「神は人間を愛している」「なのになぜ人間たちを救ってくれない...続きを読む
  • プロティノス「美について」
    東洋の叡智と呼ばれるような感覚に通じているような気がするが、そういう評価はないのだろうか。プラトンの考えをふまえた人らしいが宗教のフィルターがなければ結構近い感じなのかもと思わせるテキストだった。
  • 哲学のことば
    哲学の名言を断片的に引用しながら、哲学についてきわめて易しく語りかけてくる。上から目線ではなく、一緒に考えようと誘うような、促すような文体が良いと思った。作者のマインドセットも前向きで子供が読むのによさそうである。もう少し引用が多い方が本格派でより良かったのでは。
  • 哲学のことば
    以前読んだ著者の本がすごくよかっただけに、本書はちょっと残念。
    論理的にかっちりと組まれているわけでもなく、かといって感動的な啓蒙書というわけでもなく、まあはっきり言ってしまえば面白くない。

    話が総花的すぎるのかなあ?
    ま、とはいえ、論理の飛躍がいちじるしいとかそういうことはないので、はまる高校生...続きを読む
  • 哲学のことば
    著者がネコ好きなので、表紙や挿絵にネコが描かれているが、これは哲学の入門書です。本文中にネコに言及しているところはあるが、ごくわずか。
    哲学の本としては読みやすい。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!