影待蛍太の一覧

「影待蛍太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/03更新

ユーザーレビュー

  • GROUNDLESS 7―兵士は笑ってはいけないのか―

    砲撃のなかを

    島軍から、実力を認められ同時に危険視されるダシア自警団の次の任務は敵有利の地形への侵略。砲撃の中を進軍することになります。コミカルな絵柄ながら戦場の切迫感は抜群の描写です。

  • GROUNDLESS 6 ―豚の鉄槌―

    転機

    軍事バランスを変える大きな転機が訪れ、狙撃班も危機に陥ります。
    それぞれの陣営の思惑が絡み、状況が刻々と変わる中での戦闘は戦記物でも類をみない面白さがあります。



  • GROUNDLESS 7―兵士は笑ってはいけないのか―
    まるで戦争映画を見ているかのように戦場をリアルに感じられる描写が圧巻!文字を詰め込みすぎている感があるのと、ストーリー展開がもう少し分かりやすいと大化けすると思う。今でも超おもしろいんだけどね。
  • GROUNDLESS 6 ―豚の鉄槌―
    5巻ではちょっと失速したような印象があったけど6巻は紛れもない名作だった。
    戦闘が本格的になり、戦場における極限状態の表現の素晴らしさが際立っているだけでなく、戦場にいる兵士たちの心理状態までも考えつくしたストーリー展開には思わず引き込まれる。
    キャラクターとしてもソフィアを上回る才覚の持ち主が敵と...続きを読む
  • GROUNDLESS 4 ―夕陽の見えぬ街―
    練りに練られた状況設定とそれをめぐる人びちの動きや心情が丁寧に描かれていて、読んでいてほんとうに楽しい。

特集