「加藤隆」おすすめ作品一覧

「加藤隆」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/01/20更新

ユーザーレビュー

  • 一神教の誕生 ユダヤ教からキリスト教へ
    [1から]大部の日本人にとってはなかなかピンと来ない一神教の考え方。その中でもユダヤ教とキリスト教に焦点を当てながら、一神教がどのように生まれてきたのか、そしてその一神教という考え方そのものがどのように変容してきたのかを考察する作品です。著者は、ストラスブール大学で博士課程を修められている教授、加藤...続きを読む
  • 歴史の中の『新約聖書』
     キリスト教の聖典である『新約聖書』がどのような背景において成立したのかをわかりやすく解説している本です。キリスト教のことなので、まずはキリスト教の歴史の説明から入っており、非常にわかりやすいと思いました。

     4つの福音書がそれぞれバラバラな位置づけとなっているというのが面白い。それなのに、一つの...続きを読む
  • 旧約聖書の誕生
    旧約聖書やユダヤ教・キリスト教の最低限の知識がないと読み通すのは難しいかも知れない。
    しかし、それでも読み進むにつれ、「えっ?!そういうことだったの!」といったことが多々あるのが愉しい。
    宗教書の解説ではあるが、へんに宗教がかっておらず、学術的な知的好奇心がそそられる良書だと思う。
  • 『新約聖書』の「たとえ」を解く
    「宗教なんて胡散臭い。」

    これが一般的日本人のもつ宗教観だが
    カルトの奇行ばかり報道される日本では仕方ないかもしれない
    世界から見ればそんな日本人は野生の猿なのかと疑うという

    頭が固く無宗教、無神教を唱える人にこそ読んで欲しい一冊

    述べたい感想は山ほどあるが一行にとどめておく
    「聖書って、こん...続きを読む
  • 歴史の中の『新約聖書』
    『歴史の中の「新約聖書」』(加藤隆、2010年、ちくま新書)

    キリスト教の聖典である『新約聖書』。この『新約聖書』はどのようにして成立したのかを、キリスト教の成立の過程、すなわちイエスの時代と使徒の伝道の時代とともに分析する。

    非常にわかりやすい。

    (2010年10月12日 大学院生)