ロバート・クレイスの一覧

「ロバート・クレイス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/01/28更新

ユーザーレビュー

  • 容疑者
    出だしはなかなか話が進まず、読みすすめるべきか、迷う。
    相棒犬との絆も深まり傷も癒えてきて、事件が起こる。
    そして、後半は警察の内部犯行となって手に汗握る展開となる。
  • 危険な男
    顔見知りの銀行員イザベルが銀行から出て来たばかりの所を二人の男に襲われた。助けたのは私立探偵ジョー・パイク。逮捕された男は保釈され、すぐに殺された。そしてイザベル行方不明。彼女はなぜ狙われるのか?

    初めて読むコール&パイクシリーズ、面白かった。

    アクションが長すぎず、謎解きとの配合が絶妙にほどよ...続きを読む
  • 危険な男
    銀行員イザベルが拉致現場に居合わせたジョー・パイク。彼女を助け守ろうとするけれどスムーズにはいかない。ここから展開されていくのだけれどとにかく面白い。パイクとコールの探偵コンビのやりとり、事件の奥に隠された本当のこと。パイクやコールの優しさや強さが作品全体に流れていてイザベルへの救いになっていたり、...続きを読む
  • 危険な男
     今年の初めに読んだのが『天使の護衛』。ご存じエルヴィス・コールの相棒ジョー・パイクを主人公に据えたシリーズ第一作品である。その後三作ほど置いてのシリーズ新作が本書、十年以上ぶりの邦訳となるが、素直にこうした機会が得られたことは喜ぶべきだろう。
     ともかく、へらず口を得意とする探偵を書いている作家が...続きを読む
  • 容疑者
    人は喪失の体験からいかに再生するのか。
    動物にも同じ感覚があるのか。
    初対面ながらも試行錯誤して、たどりつく、ロス市警スコットと相棒の雌のシェパード、マギーの成長の物語。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!