浅野裕一の一覧

「浅野裕一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/01/18更新

ユーザーレビュー

  • 孫子
    和訳(現代語訳)文、訓読文、原著の漢文、注釈・解説
    が章ごとに並べてあるという構成

    最後に全編を通した解説の章が設けられている。

    本書の最大の特徴は、前漢時代の竹簡を原著に採用していることだろう。
    古典は後年に写本されたものほど改竄・改変の可能性が高くなる。
    実際、本書の注釈によると、一般的に用...続きを読む
  • 孫子
    1972年に山東省臨沂県銀雀山の前漢時代の墓から出土した竹簡『孫子』を底本としている。この本は面白いです。特にp.261からの「解説」が面白いので、先に解説から読んでみることをお勧めしたい本。
  • 儒教 怨念と復讐の宗教
    儒教 怨念と復讐の宗教。浅野裕一先生の著書。儒教はもともと世間から評価されずに蔑まされて馬鹿にされ、世間に対して怨念を持ち復讐したいという強い願望を持っていた孔子によるいわば妄想、被害妄想に基づいて出来たものだなんて、恥ずかしながら初耳でした。儒教というと年長者や目上の人を敬う上下関係に厳格な教えと...続きを読む
  • 孫子
    『孫子』むちゃくちゃ面白かった!
    兵法書だけど哲学書に近い感じ。物事への考え方とか捉え方とか…
    これ2500年以上前に完成された理論とは。
    孫武すごし!!!
  • 孫子
    中国史に興味を持った自分は高校時代諸子百家に関するいくつかの本を読んだ。
    たぶん思想とか哲学といったものに興味があったからだと思う。
    諸子百家というのは中国春秋戦国時代、つまり紀元前の思想である。
    古いからといって侮れない。
    むしろ古典の価値の真髄は、それが時の試練を乗り越えてきたという点にあると思...続きを読む