浅野裕一の一覧

「浅野裕一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/02/09更新

ユーザーレビュー

  • 中国思想史
    原本は,1936年に『支那思想史』の表題で岩波書店から刊行。古代から清代までの思想の流れの概説。特に古代の記述が厚く,中国思想の起源について考えることができる。
  • 孫子
    人類には早すぎる天才・孫武先生って感じでした。
    こんなに頭がいいのでは周りと話が合わずに孤独だったんじゃないかと。

    意外にも戦争については消極的な思想。

    戦争とは外交手段の最終手段であり、戦争は自国を消耗させるためなるべく戦争に至らずに解決すべき。
    ただ、一度開戦を選択したならば、準備期間を設け...続きを読む
  • 孫子
    最古の孫子を復刻する試み。

    この本は最古の孫子である竹簡本を元に、
    足りない部分を従来のテキストで補っている。

    シンプルな金谷先生の岩波版と違って、
    解説たっぷりで分かりやすい。
    始めて読む人はこっちの方が良いかも知れない。

    武田信玄公が孫子の一節を旗印にしたのは有名だが、
    当のご本人は「有効...続きを読む
  • 孫子
    孔子とか孟子とか「〇〇子」っていっぱいいすぎて誰が何した人なのかわからん!!
    と前々から思ってた時に、オリラジのあっちゃんがyoutubeで面白く紹介してたので読んでみた。

    孫子は、本屋でもビジネス書のコーナーでよく見かけるワードだったので、
    きっと戦争についても概要的な、抽象的なことばかり書かれ...続きを読む
  • 孫子

    戦の世で生まれた道標

    孫子は平時でも皆の道標となる。
    この本は、現代語訳、書き下し文、語注(用語注)、解説が記され、
    漢文に馴染みが無くても入り易い。
    是非、一読されることをお勧めする。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!