「備瀬哲弘」おすすめ作品一覧

「備瀬哲弘」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/02更新

ユーザーレビュー

  • 大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本
    ちょっと変わっている人がいても、蔑んだりせずに理解を示すことが大事という話。
    優れた能力を持っている人もいるとのこと。
    自閉症診断のAQテスト付きで、大変興味深い本だったと思います。
  • 精神科ER 鍵のない診察室
    実際の精神科医がどのようなことを考えながら診察にあたっているかがよくわかった。フィクションとあるがリアルな患者さんとのやりとりも良かった。短編集になっていてとても読みやすかったので他の本も読んでみたい。
  • 精神科ER 緊急救命室
    精神科の先生が筆を執った本です。
    実はジャケットのシンプルさに惚れてという不純な動機で買った本なのですが、想像以上にえぐかったです。
    でも読みやすいと思います。専門用語もあまりありません。

    これが精神科医療の現場なんだなあ、と改めて考えさせられました。
  • 精神科ER 緊急救命室
    今の自分がこの本を読む事で
    自身に与えられる影響が強すぎるのではないかと
    散々迷った挙句購入。

    狂気か、正気か、病気か、性格か

    いくつもあるお話の中のタイトルの名前の1つなのですが
    忘れられない言葉になりました。
  • 大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本
    2016年、8冊目です。

    大人の発達障害は、”治らない”ということを、改めて認識しました。
    著者が主張されているのは、そういったある意味の「生きづらさ」を持っている人たちに、その特性を理解して受け入れていく世の中にしようということです。
    そのために、「生きづらさ」を持つ人たちにかかわる人たちは、
    ...続きを読む

特集