内田宗治の一覧

「内田宗治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/26更新

ユーザーレビュー

  • ゼンリン 住宅地図と最新ネット地図の秘密
    面白かった。で終わらしてはならぬな。

    少し前の出版物なので、今は変わっている部分もあるだろうが、ゼンリンの地図の作り方、更新の方法、使用する筆記用具(4色ボールペンの色毎の意味、そして桃色は特注!)、調査の方法等の内部情報は興味深かった。

    ハザードマップやGPSの利用、ナビゲーションシステム。
    ...続きを読む
  • 外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史
    明治維新、開国から現在まで外国人観光客の誘致の歴史を俯瞰する。外国人の求める日本と日本人の見せたい日本のギャップが興味深い。

    外国人向けの観光ガイドブックに記される観光スポットは日本人のイメージと時に大きく異なる。京都の伏見の鳥居などはその顕著な例。

    明治から大正、昭和戦争を経てその後平成、令和...続きを読む
  • 「水」が教えてくれる東京の微地形の秘密
    案外起伏に富んだ東京の地形。微地形を元に開発以前の湧水からの水の流れを解説する。3D地図を駆使し地形と開発の歴史が良く分かる。

    筆者の本はこのじっぴコンパクトから多く出版されている。いずれもカラー図版を活用し地理と地形を解説したもの。

    本書は23区を中心に微地形を解説。特に皇居周辺の記載が豊富。...続きを読む
  • 外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史
    〈要約〉
    訪日外国人数は近年急激に増加しており、政府は高い目標を設定してるが外部要因による影響を大きく受けやすい。リスクヘッジの為にも、外国人が体験したいと考えていることと日本人が体験して欲しいことのギャップを念頭に歴史を学び分析し、きめ細やかなマーケティングを行うことが欠かせない。


    〈感想〉
    ...続きを読む
  • カラー版 東京鉄道遺産100選
    途中までは知っているところばかりで、通り一遍な遺構本かと思って呼び飛ばしに入ろうとしたところで、話がどんどんディープな方向に。
    戦争遺構や日野煉瓦の話まで飛び出し、大変勉強になる、へぇ!の多い良本でした。
    実はあまり自分の中で新書サイズでいい本に出会う機会がないのです。