「見延典子」おすすめ作品一覧

「見延典子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/03/30更新

ユーザーレビュー

  • 頼山陽 下
    下巻では、20年来の念願であった『日本外史』がついに完成し、松平定信のお墨付きも得て、いよいよ功成り名を遂げた山陽が、惜しまれながら病に倒れるまでを描いています。

    最後まで『日本外史』に手を入れつづけようとする山陽の気迫が心を打ちます。
  • 頼山陽 中
    山陽の名声はしだいに高まっていきます。九州への旅を終えた彼は、妻の梨影とのあいだに辰蔵と復蔵の二人の子をさずかり、さらに母の梅颸を京都への旅に招いてこれまでできなかった孝行を果たします。

    その一方で美しい女弟子の江馬細香の存在が山陽の心をかき立て、彼のなかにひそんでいた「石」を抑えるのに苦しみ、新...続きを読む
  • 頼山陽 上
    『日本外史』の著者である頼山陽を主人公にした歴史小説です。

    上巻は、詩文で身を立てることを夢見る山陽が脱藩をくわだてて京都に上るもたちまち国元へ連れ戻されるという事件からはじまります。その後も夢をあきらめようとしない山陽は、みずからのうちにあって彼を突き動かす得体のしれない「石」を見つめながら、養...続きを読む
  • 頼山陽 上
     頼山陽の幼少から青年までの上巻。山陽は今で言う躁鬱病じゃないかなぁと感じた。後悔編での哀愁に心引かれた。
    引用を入力するにあたり、思いもよらぬ文字が使われていたりして読んだ後で面白く読み返すことができた。