「川田弥一郎」おすすめ作品一覧

【川田弥一郎】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/17更新

ユーザーレビュー

  • 江戸の検屍官(1)
    現場の誰もが嫌がる検屍の現場に率先して赴き、今ではすっかり検屍のエキスパートとして定着してしまった奉行所同心・北沢が主人公。
    彼の友人である医師の玄海・聞き取り調査だけで超リアルな人相書きを描く異才の絵師・お月とのトリオで、難事件や偽装された殺人事件を解決していく物語。
    時代劇と法医学ドラマの要素を...続きを読む
  • 江戸の検屍官(3)
    原作では犯人が女性だった話をコミックではオカマにしたもので些か話が窮屈になってる。
    原作の最終話では その女性犯と丁々発止のやりとりが有るのだが。
    んでもってお月と彦太郎は はっきり書いてないけど「した」事になってた筈(お月が強引に攻めてった)。
    さてコミックでは どう書ききるか?なんせ原作を離れて...続きを読む
  • 江戸の検屍官(1)
    原作付コミックに一応分類されますが、原作と微妙な違いが良い方に出た本です。原作は外科医の川田弥一郎氏で氏は推理小説を主なフィールドにしている現役医師です。他にも「なんとかの検屍官」はシリーズで出ていますが、江戸の検屍官はコミックで出てから再認識された位コミックが良く出来ています。ネタバレしない為にボ...続きを読む
  • 江戸の検屍官(4)
    201403/事件パートは何故こんなことに…という展開が切ない。北沢・お月パートは、心が揺れる中、自分の気持ちを正直に認めた北沢がかわいい(笑)
  • 江戸の検屍官(4)
    「救死方」がせつない…悪い人がいないのに歯車が狂う犯罪は正論が届かなくてかなしい。

    高瀬さんの絵は基本濃いめなんだけど、たまに出る184ページみたいな絵が、ギャップでかわいい。

特集