三島芳治の一覧

「三島芳治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/06/17更新

ユーザーレビュー

  • 児玉まりあ文学集成 (1)
     版画のような独特なタッチで、思弁的な会話に彩られて綴られる、ラブコメディ(…なのか?)。言葉遊びを通じて展開していくストーリーには、SFにも通ずるものがあると感じた。
     漫画という媒体でしかできないような表現に挑戦しているか、というと分からない。ただまあ、絵を交えて綴られるからこそ、この味わい深さ...続きを読む
  • 児玉まりあ文学集成 (2)
     今回は、殊更読み替えることが主題になっていたように思う。
     物凄く好きな漫画なんだけど、一読しただけでは内容が掴みきれた気もせず、どうにも感想がまとまらない。
     エピソード一つ一つで、異なったギミックを題材として語りが行われるのが凄く好き。関係性が進展すればもっと好みなんだけど、なんだか唐突に終わ...続きを読む
  • 児玉まりあ文学集成 (2)
    いやー……すごいよこの漫画(溜息)。
    文芸を漫画に、という作品数あれど、文学をそのまま生きる高校生、を。
    つまり血肉化しているんだと思う。
    長篇→断章→それはこの世界がそのように出来ているから→めまいが僕をおそった→ものの見方の変化→妹?
    西洋文明はすべてアルファベットでできている→レゴ=言葉→欠点...続きを読む
  • レストー夫人
    独特な空気と、版画のような絵のタッチが印象的。
    風変わりな登場人物が次々に出てくるが、作中の淡々とした雰囲気に押されてか、嫌悪感は起こらず、特定の人物に思い入れを持つこともなく。
    自分じゃない誰かの頭のなかを覗かせてもらったような気分になった。
  • レストー夫人
    レストー婦人は多感で感情が地滑りしやすい少女ではなく聡明で気丈かつ優美、絵に描いたような絶対少女です。
    彼女を取り巻く人々のアレコレを洒脱なセリフ回しで描いています。
    最後にレストー婦人の本質が分かるくだりは少しばかりのカタルシスがあります。それが非常に心地よい。