「近藤一馬」おすすめ作品一覧

「近藤一馬」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:近藤一馬(コンドウカズマ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

『交響詩篇エウレカセブン』、『デッドマン・ワンダーランド』などの作品を手がける。代表作『9999』で第11回エース新人漫画賞佳作を受賞している。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/05/26更新

ユーザーレビュー

  • ブックマートの金狼
    ストーリーの続きが気になり、主人公もかっこよく、すぐに読んでしまいました。
    何だかんだ言いつつも他人思いの主人公だからこそ、昔の仲間や周囲の人間に助けられ信頼されているのかな…と、ふと思いました。
    もし続きがあるなら、SCARSの未登場メンバーを見てみたいです。
  • あなざー。デッドマン・ワンダーランド

    ほのぼの

    本編読んだ後はより楽しめる。っていうかその方がいい。
    全体的にかわいいキャラクターがいいね。
    すごく癒されました。
  • デッドマン・ワンダーランド 1巻

    グロいーね

    最初はグロいなーエグいなーと思ってたけど、それだけ絵がリアルだということ。
    また、ストーリーがすごく面白い。
    少し難しくて理解できないところもあったけど、読めない展開、緻密な構成にどんどん引き込まれていきました。

    これだけ壮大なマンガ読んだら、他のマンガがつまらなく思うわ。
  • 交響詩篇エウレカセブン 1巻
    2005年に放映されたアニメのコミカライズ。アニメの方は、世界観や設定を把握できないまま途中で挫折してしまったけれど、コミックスの方は一気読み。アニメから重要なエピソードをうまく選んで編集している印象で、とても読みやすかった。アニメの方も、最後まで観ればきっと面白かったのだろうと思う。角川コミックス...続きを読む
  • 交響詩篇エウレカセブン 6巻
     はー読んだぁ……とため息をつきたくなるような話でした。
     重かった。ずっしりでした。

     なんというか、エウレカもいなくなって、ドミニクもいなくなって、皆がいなくなったこの世界で、彼らがこれからどうやって生きていくのか……それはとても重要なことのように思います。

     んで、ここいらでちょっとコミッ...続きを読む

特集