「大村敦志」おすすめ作品一覧

「大村敦志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/04/03更新

ユーザーレビュー

  • 民法改正を考える
    新書でありながら、民放改正について深く考えさせられる一書だとおもう。債権法の大改正が予定されていることは周知の事実であるとおもうが、なぜ今改正するのかという問題意識がわかりやすい言葉で書かれている。各章ごとのテーマが明確で大変に読みやすい。民法の勉強をしている人、一通り学び終えた人、法学部以外の社会...続きを読む
  • 民法改正を考える
    民法改正について、東京大学法学部教授の大村敦志先生が書かれた新書です。
    比較法的な視点で書かれています。
    私は、民法には大陸法と英米法の違いがある程度の漠然としか知識しかないので、本書のような細かな地域・国の民法を比較する視点で解説してもらえるのは有益でした。
    もっとも、新書という性格上、広く浅く拾...続きを読む
  • 民法改正を考える
    学生時代、内民を読んでわかった気になり、その後大村民法を読むと覆されて理解がガタガタになり、結局民法に苦手意識だけが残った私でも読めた。同じテーマでここまで違う話が書けるのが素晴らしい。

    本筋ではないが各国の民法改正の経緯が説明されており、オランダとケベックがフランス法を参考にして独自の発展を遂げ...続きを読む
  • 民法改正を考える
    事業再生関連の改正の目玉を知りたかったのだが、民法とは?という論点が中心の本。法曹関連の方にはいいガイドだと思います。
  • 民法改正を考える
    ほぼ同時期に、内田貴氏も『民法改正』(ちくま新書)を出版しているので、二冊をほぼ同時に読んで、比較検討してみた。

    内田氏は、民法改正を債権だけに絞って、絞るがゆえにそれまでの経緯、そしてその後のことをストーリーをもって説明し、その上で民法改正の必然性を理論づけているように感じた。

    それに比べて、...続きを読む