ポール・タフの一覧

「ポール・タフ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/05/29更新

ユーザーレビュー

  • 私たちは子どもに何ができるのか ― 非認知能力を育み、格差に挑む
    非認知能力を伸ばそう。環境で育む。
    粘り強く取り組む力。


    ・学業のための粘り強さp.107
    ①この学校に所属している
    ②努力によって伸びる
    ③これを成功させることぎできる
    ④この勉強は価値がある
    人間関係(帰属意識)と学習指導(有能感と自律性)

    教師が、子どもの良い点をフィードバックする。手抜...続きを読む
  • 私たちは子どもに何ができるのか ― 非認知能力を育み、格差に挑む
    とびとびで読んだので、少し曖昧ですが、教育について非常に重要なことを学びました。
    数字として表すことが難しい「非認知的能力」。特に貧困家庭の子どもには、将来のひっくり返しのためにこの資質が特に重要だと。
    日本では相対的な貧困家庭が先進国では多い。
    それは普段生活の中で非常に見えにくい。
    教員の資質や...続きを読む
  • 私たちは子どもに何ができるのか ― 非認知能力を育み、格差に挑む
    すごく考えさせられる内容でした。
    教育の重要性。非認知能力のすごさ。
    日本の教育にもこの考え方は取り込んで欲しい。
  • 私たちは子どもに何ができるのか ― 非認知能力を育み、格差に挑む
    非認知能力という学業成績とは別の将来にわたって成功を導くために大切なスキルをどのようにすれば伸ばすことができるのかをアメリカで行われた数々の試みを元に考察している。
    貧困層が教育において富裕層に遅れをとるのは、幼少期のストレスのために非認知能力(自立心、自制心など)が育たなかったためと捉え、周囲の大...続きを読む
  • 私たちは子どもに何ができるのか ― 非認知能力を育み、格差に挑む
    西郷孝彦先生が講演でおすすめされていたので手に取った。主張は明快で、エッセンスは本のオビに凝縮されている。「非認知能力」は環境の産物であり、「ほんの小さな働きかけが、大きな変化を生む」。個人でもできることであり、勇気づけられる。
    事例の中では、貧困層に対して作文の添削に付箋で期待を込めたメッセージを...続きを読む