松永多佳倫の一覧

「松永多佳倫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/04/22更新

ユーザーレビュー

  • 確執と信念 スジを通した男たち
    スジを通したプロ野球選手。人間関係ではうまく行かずワザで生きる男たちを描く。

    本書に出てくる選手たち、いずれもよく言えば個性派、悪く言えば偏屈。取材対象の強烈な個性と求心力に、筆者の筆力がこれほど追いついていないノンフィクションも珍しいだろう。不思議な魅力の本。

    門田博光、田尾安志、広岡達朗、谷...続きを読む
  • 偏差値70からの甲子園 僕たちは野球も学業も頂点を目指す
    高校野球では強豪私学の有名校が優勝を争う構図になっています。その一方で、県立進学校でありながら真剣に甲子園出場を目指す(そして実現させている)野球部の現状を監督や現役選手に取材して紹介したノンフィクション。
    登場するのは松山東高校(愛媛)、濟々黌高校(熊本)、彦根東高校(滋賀)、時習館高校(愛知)、...続きを読む
  • 偏差値70の甲子園 僕たちは文武両道で東大も目指す
    馴染みのある人が出たところ(湘南)、近くにあるところ(札幌南)、この2校が取り上げられていることが、前作『偏差値70からの甲子園』を読んでない中で先に読む動機にはなったんだけども、作者の言いたいことは「おわりに」に集約されているというか、むしろ「おわりに」で書いたことを確信するために取材したんだろう...続きを読む
  • マウンドに散った天才投手
    ノンフィクションというよりはエッセイの部類に入るように思うけど、各章しっかり本人取材もしているし、ファンとして見ていた頃のプロ野球の歴史を紐解く書物としての価値は十分に感じられる。ただし、この本でもっとも重要なのは、単行本から加筆された(と思われる)盛田幸妃の「その後」であるのは間違いない。そのため...続きを読む
  • 最後の黄金世代 遠藤保仁 79年組それぞれの15年
    日本サッカー史上稀にみるタレントが揃った79年世代。
    最後まで残った遠藤に焦点を当てながらも、その世代でもピカイチだった小野、高原、稲本などなど、懐かしく振り返っています。
    まさか遠藤が最後まで残るとは思わなかったよなー実際。
    そしてオシムのときが一番やりにくかったと言うのが意外。
    それでもやっぱり...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!