「北川悦吏子」おすすめ作品一覧

「北川悦吏子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:北川悦吏子(キタガワエリコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1961年12月24日
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部哲学科東洋哲学専修卒。1989年『赤い殺意の館』で脚本家としてデビュー。『ビューティフルライフ』で向田邦子賞、橋田賞を受賞。代表作には『あすなろ白書』『素顔のままで』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/10更新

ユーザーレビュー

  • 半分、青い。 下
    テレビ放送の最中に小説だけ先に最後まで読んでしまった。仙吉さんが亡くなったところからは小説だけで映像がないわけだが。
    全てのシーンが映像化されて頭に浮かんでくる。どのシーンも。
    ユーコもボクテも秋風も。
    りょーちゃんさんもかんちゃんも。
    3オバも。
    新たに出てくる人も。
    そして物語は佳境に入り、岐阜...続きを読む
  • 半分、青い。 上

    映像が目に浮かぶ

    朝ドラを観たことをきっかけにお試し版を読んでみました!主人公の男女つばめと律の物語はこうして始まるのか〜と出産シーンから立ち会うことができて、ますます作品に愛着が湧きます。
  • 恋をしていた。
    1ページに書いてある文章はとても少ないが、とても鮮烈な恋の詩には「重み」を感じることができる。30過ぎた大人の女性(男性)に読んでほしい。
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 新しい靴を買わなくちゃ
    映画はみていないけれど、中山美穂、向井理を思い浮かべながら読んだ。パリに行ったときの景色を思い出しながら読め、ふたりの気持ちがほんの数日なのに近くなっていくのを見るのがドキドキした。途中読みながら、センが日本へ戻ってしまったらどうなるんだろうと考えてしまった。出会いはふとした瞬間に偶然が重なって起こ...続きを読む

特集