新しい靴を買わなくちゃ

新しい靴を買わなくちゃ

作者名 :
通常価格 477円 (434円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

妹とパリを旅するはずが、到着早々置き去りにされ、呆然と立ちすくむセン。そこに偶然通りかかったパリ在住の日本人女性・アオイは、センが落としたパスポートで足を滑らせ転んでしまう。ヒールを折ってしまったアオイと、パスポートを破損してしまったセン。靴が導いた、恋に迷う女と道に迷う男の運命の恋。おとぎ話のような三日間が始まった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2012年09月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

新しい靴を買わなくちゃ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月25日

    映画はみていないけれど、中山美穂、向井理を思い浮かべながら読んだ。パリに行ったときの景色を思い出しながら読め、ふたりの気持ちがほんの数日なのに近くなっていくのを見るのがドキドキした。途中読みながら、センが日本へ戻ってしまったらどうなるんだろうと考えてしまった。出会いはふとした瞬間に偶然が重なって起こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月11日

    この小説を読んで、私も、
    優しい写真を撮る人になりたいと思った。


    p.129 「新しい靴、買わなくちゃ」

    パリを舞台に、甘く切なく、それでいて、爽快に物語が展開されていきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月11日

    北川さん、ときどきピリッとするからどうかと思いましたが
    これはよかったー。
    センがよかったー。こういう男子、いいね。懐が深いです。
    シオンのくだりでは切なくなりましたが
    それも受け止めて丸ごと愛そうとするセンがすてき。

    映画も楽しみ。
    動く二人に会いたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月20日

    映画も小説も大好きな作品。
    配役がぴったり。
    すずめとけんごのストーリーもまた良し。
    お守り兄さんが幸せになってくれて良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月07日

    海外小説の真似にはならず、日本人らしい空間で、さらっと読める物語。
    心地よいけど、ちょっともどかしい。
    そんな余韻が残る小説でした♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月22日

    夢のある物語。
    映画も観たくなった。
    ---
    妹とパリを旅するはずが、到着早々置き去りにされ、茫然と立ちすくむセン。そこに偶然通りかかったパリ在住の日本人女性・アオイは、センが落としたパスポートで足を滑らせて転んでしまう。ヒールを折ってしまったアオイと、パスポートを破損してしまったセン。靴が導いた、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月27日

    いいお話です。若いときに外国を旅していないのを後悔してます。実際は、こんな素敵な出会いはなかなかないのでしょうけど。ちょっと切ない気持ちになります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月09日

      おしゃれな会話を楽しめる本。向井理さんと中山美穂さんを想像しているからなおさらそう思えるのでしょう。3日間の夢物語。
     妹のためにわけもわからずパリまで、ついていくセンみたいな男の人、いたらいいけどねえ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月20日

    現実味の無い設定がまた映画っぽくて良く単純にドキドキしました。
    気軽に読めてよかった。
    主演のふたりとパリの美しい情景が浮かんできて、映画も見てみようと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月05日

    「あすなろ白書」などの脚本で有名な北川悦吏子さんが監督を務めた同名映画のノベライズ?作品。

    実家に転がっていたのですが、ライトに読めそうなので拝借。サクッと読めました。

    人生つまづくことがあっても、愚直に前向きにやっていれば、何かが開けるかもしれない。この歳になって、人生に楽しみが持てなくなって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています