近藤紘一の一覧

「近藤紘一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/11/25更新

ユーザーレビュー

  • サイゴンのいちばん長い日
    初めて読んだのは1992年前後だと思う。昨年、再読。
    10年近く暮らしたアメリカではベトナム移民コミュニティが近くにあったり、もちろん周りにベトナム系の人達も多くいた。とにかく親切な人が多かった。

    ホーチミンではマジェスティックホテルに宿泊。朝食は本文にも出てくる川を見渡せるレストラン。宿泊者以外...続きを読む
  • サイゴンから来た妻と娘
    名著。

    冒頭部分は『サイゴンの一番長い日』から多く引用されていて、あれ?と思ったが、
    話が進むにつれてどんどん引きつけられた。

    何気なく書かれたサイゴンでの日々は、
    常に戦争の中にあったにも関わらず、
    笑えるような楽しい毎日として書かれる。
    『サイゴンの一番長い日』でも同様に、ユーモラスな書き方...続きを読む
  • サイゴンのいちばん長い日
    3年くらい前に読んだ。戦時中の街の暮らしから陥落の瞬間までの記録。首都が無くなるってどんな感覚なんだろう。この本を読んでからベトナムに行けてよかった。
  • サイゴンのいちばん長い日
    戦争前夜までの記者らのゴタゴタのみならず、サイゴンという街のいとおしさ、妻への思い、記者としての歴史が変わる瞬間をみることへの渇望など…。想いがストレートに、整理されずに述べられていて、惹き込まれる。

    静かな政変(?)だったとはいえど、さまざまな混乱があり、血も流れたこともわかる。
    著者の心の揺れ...続きを読む
  • サイゴンから来た妻と娘
    サンケイ新聞(現・産経新聞)記者の近藤さんの文章が軽妙でいい。
    そしてベトナム人の妻と娘のあっけらかんとした明るさ! 実に楽しい。ベトナム性はたくましいわ~。
    彼女たちの日々の行動から文化の違い、考え方の違い、歴史や風土の違いが浮き彫りになるとともに、近藤さんなりの見解や意見も随所にあって、とても興...続きを読む