「北上秋彦」おすすめ作品一覧

【北上秋彦】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/08/25更新

ユーザーレビュー

  • 現場痕
    保険屋観点のミステリとは面白いと手に取った本作。短編集でありながら作品ごとの視点の違いが主人公の世界を巧く作り出している。ハードボイルド的な展開はいわゆる警察小説らしさだが、人臭さを表現することを忘れないあたりが憎い。なかなかいい爽快感をもらった。
  • 現場痕
    生損保代理店を経営する著者だからこそ描ける正統派連作ミステリー短編集。元刑事の損害保険代理店を経営する志摩平蔵が盛岡市近郊を舞台に様々な事故や事件の真相を暴いていく。損害保険代理店の所長が事故の裏に潜む事件を解決する面白さとリアリティ溢れる交通事故の描写と意外な展開が非常に良い。

    『偶然の証明』。...続きを読む
  • 異郷の夏
    あまり期待せずに読んだが、非常に面白かった。ミステリーとして読むよりも、花岡事件を当事者の視点で描いたリアルな歴史小説として読んだ方が良いかも知れない。

    東京の九段下で変死した老女、秋保温泉のケアハウスで変死した老人、ともに死因はトリカブト中毒だった…

    二人の死の背後にあるのは、敗戦の直前に秋田...続きを読む
  • 現場痕
    保険金目的の殺人事件はあり得ると思う。
    あくまでも私の周囲だけの話だが・・

    交通事故や若くして病気で主人を亡くした奥様は
    良くも悪くも派手に生活している。
    下世話ながら「幾ら貰ったんだろう?」と
    勘ぐってしまうほど派手派手!
    彼女たちは最初に家を建てるか家を改築する。
    そして高級車を購入して
    その...続きを読む
  • 吸血蟲
    割と面白くてすんなり読めたけど、帯に書いてある紹介ほど目新しくもないし、吸血鬼ものというよりはゾンビ物。寄生虫って言うアイディアはすでになーと思っていたら、初刊行は00年で、着想は93年の第一回のホラー大賞を目指したものだったんだって。その当時なら新しかったんだろうと思う。
    やはり、思いついたらす...続きを読む