阿久悠の一覧

「阿久悠」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/09/21更新

ユーザーレビュー

  • 君の唇に色あせぬ言葉を
    特に心に残ったのが

    問題と答えをワンセットでいくら完璧に記憶しても
    想像力は生まれない

    だますよりだまされる方がいい
    しかしだまされても傷つかないほど大きくなることである

    燃える奴に水をかけるな
    燃えない奴に時間をかけるな
  • 昭和と歌謡曲と日本人
    阿久悠さん(1937.2.~2007.8)「昭和と歌謡曲と日本人」、2017.11発行。作詞家、阿久悠さんのエッセイ、心に響きます。たくさんの共鳴する言葉に出会いました。「犬がいて猫を生かし、猫がいて犬を生かし、両者がいて人間を生かしているのだ。」いいことばですね(^-^)「猫は神様です。いて下さる...続きを読む
  • 君の唇に色あせぬ言葉を
     父が息子に伝えたかったであろう「父の言葉」を著書より、1000近いことばの中から篩いにかけ178の言葉を選別した、とご子息が一文を寄せられている。

    人生とか仕事とかをキーワードに、琴線に触れるフレーズが心に響く!!

    以下、本文より

    たかが言葉されど言葉。
    いやいや言葉は覚悟の諸刃の剣...続きを読む
  • 夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代
    ノスタルジーを持って見ていたスター誕生の人たち。出演者も制作者も、何かしらの野望を持って番組に臨んでいたんだと分かった。彼らが共闘することでスター誕生は成功した。
    当然成功する人もいれば、しない人もいる。そんな当然のことが分かった。
    ただ、中森明菜とか小泉今日子とかの時代になると、自分の力で芸能界を...続きを読む
  • 夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代
    副題のわりには、話が60年代のGSにまで及んでいるので、全体がややぼやけてしまっているかもしれません。しかし初出が新聞連載であった点を考えると、それは仕方のない事でしょう。当時を知る人は在りし日を懐かしみ、知らない世代は今も昔も、そんなに変わっていない(ただし、決定的な違いがあるのですが)と知る事が...続きを読む

特集