竹西寛子の作品一覧

「竹西寛子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/08/23更新

ユーザーレビュー

  • 式子内親王・永福門院 現代日本のエッセイ
    筑摩書房 日本詩人選
    竹西寛子 「 式子内親王 」

    内親王の作品解説の本

    内親王作品の特性を「透明な複雑さ」「静の中の動」「すべては 途中という時間感覚」「夢の歌人」という表現で示している。このイメージでよむと 歌の理解が進む


    内親王の詩境の推移は、人生を幻と見ることから始まり、後白河院の...続きを読む
  • 管絃祭
    タイトルは宮島で陰暦6月17日に行われる管弦祭からとられているが、それは小説の末尾にのみ現れ、それまでの回想の物語に対する鎮魂歌となっている。小説全体は有紀子を一応の主人公としつつも、彼女の周縁のさまざまな人々の戦中、戦後史が編年体風にではなく、自由な時間軸の中で語られてゆく。特に戦前、被曝前の広島...続きを読む
  • 管絃祭
    ずっと前から気になっていた作品。

    選び抜かれたような日本語が心に響きます。
    最後の章の幻想的な管絃祭の描写が悲しみを一層深くします。

    大切な人と厳島神社、そして管絃祭を一緒に見に行こうと思います。
  • 管絃祭
    淡々と綴られる人々のことばやしぐさの連続に心を打たれる。それがあるとき突然、不連続になることの苦しみ。簡単に不連続になる、というより、連続することを閉ざされた、止められた、といってよい。止められた恨み、止められたと思ったら、そうではなくて、続いていかされる生のなかで、生きろ、と無理強いされる苦しみ。...続きを読む
  • 春・花の下
    何十年と過ごしてきても忘れられない出来事の数々でした。
    心にずっと凝りとして残っていたりするけれど、だからといって簡単に誰かに話せるような事でもなく……生きていく、ってこういうことなんだなと思います。
    「静かな話というのは動きのない話ではない」というような著者の言葉も印象的でした。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!