小野一光の一覧

「小野一光」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/08更新

ユーザーレビュー

  • 家族喰い――尼崎連続変死事件の真相
    【もし悪魔という存在を具現化するとしたら,それは一目見てわかる邪悪な顔ではなく,このような屈託のない顔をしているだろう】(文中より引用)

    家族間での殺害といった特異な手法により,日本中を震撼させることになった尼崎連続変死事件。留置所内で自殺した角田美代子の生い立ちをたどりながら,いかにしてこの凄惨...続きを読む
  • 家族喰い――尼崎連続変死事件の真相
    我々の記憶に新しい、被疑者自殺で全貌解明が絶望的となった“尼崎連続変死事件”。その真相に迫った執念のルポ。

    マスコミが挙って報道した事件当時、被害者の数も逮捕者の数も多く、またその殆どが“1人の女を介した親戚関係”にあるという、とんでもない事件だったのは記憶していたものの、新聞などで人物相関図を見...続きを読む
  • 全告白 後妻業の女~「近畿連続青酸死事件」筧千佐子が語ったこと~
    小説「後妻業」、映画「後妻業の女」の両方を鑑賞して本書を読んでみた。事実が完全にフィクションを超えていた。

    事件の発端は2014年、夫の殺人容疑で筧千佐子が逮捕されたことだった。警察が彼女の過去を調べてみると、彼女と関係を持った高齢の男性が次々と死亡していたことが明らかになる。その数、なんと11名...続きを読む
  • 人殺しの論理 凶悪殺人犯へのインタビュー
    (多くの殺人事件はどれも似たようなものだが)奥行きのある事件、は少ない。やはり北九州市監禁殺人が凄惨だと思う。しかし、ザ殺人術に「詳しい」死体の解体方法は出ていなかったような気が。

    一方で、「殺人とは魔の時が引き起こすのかもしれない」というのもわかる。

    最近は長期の取材をさせてもらえる環境が少な...続きを読む
  • 新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相
    凄惨な事件、目を逸らしたくなる様な残酷な内容に思わず本書を途中で置きたくなった。被害者が分かっているだけで11人、加害者、関係者も合わせるとゆうに20〜30人は登場し、しかもそれが養子縁組や結婚離婚などで途中名字や戸籍が変わったりするから最初は相関関係を理解することさえ難しかった。だが著者の丁寧な取...続きを読む