新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相

新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,034円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

“二十一世紀最大の謎”を描ききった事件ルポの白眉!

まさに未曾有の怪事件。発覚当時63歳の女を中心に、結婚や養子縁組によって複数の家庭に張り巡らされた、虐待し搾取する者とされる者が交錯する人間関係。その中で確認された死者11人。この複雑きわまる尼崎事件の全容を執念の取材で描いた、事件ノンフィクションの金字塔。文庫化にあたり70ページ大幅増補。
解説・永瀬隼介

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2017年08月04日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年09月04日

    凄惨な事件、目を逸らしたくなる様な残酷な内容に思わず本書を途中で置きたくなった。被害者が分かっているだけで11人、加害者、関係者も合わせるとゆうに20〜30人は登場し、しかもそれが養子縁組や結婚離婚などで途中名字や戸籍が変わったりするから最初は相関関係を理解することさえ難しかった。だが著者の丁寧な取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月13日

     事実は小説より奇なり。この事件、尼崎連続変死事件に至っては凡百のホラー小説よりも恐ろしいノンフィクションだ。

     ある日、遠縁の親戚が難癖をつけて家に乗り込んできた。
     保険代理店勤めの父、主婦の母親。二人の姉妹は姉がウェブデザイナーと妹は女子高生。
     ごく一般的な家庭だった。

     数年後、父親は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月11日

    未曾有の怪事件「尼崎連続変死事件」の真相を追うノンフィクション。
    事件現場に密着した執念の取材により、新たに発覚した真実を文庫化にあたり追加編集。

    ・・・つーか、こんなに入り組んでたのね~。。。
    頭、こんがらがるわ!マジで!!

    んで、主犯の角田美代子が留置所で自殺って・・・マジ、ありえね~!警察...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月11日

    登場人物が多すぎる!多すぎる上に名前も変わるし、めっさややこしい!
    もっと監禁中の事を詳細に知りたかったんやけど…まぁ主犯が死んでるからしゃーないっちゃあしゃーないねんけど…結局は主犯のババアもヘタレなんやんけ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月25日

    未曾有の怪事件「尼崎連続変死事件」の真相を追うノンフィクション。事件現場に密着した執念の取材により、新たに発覚した真実を文庫化にあたり追加編集。
    期待したほど新しい事実はなかった。真実が解明できないのは、やっぱり主犯の角田美代子の自殺であり、なぜ自殺したのか、本当に自殺なのかが最も重要な部分である。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月14日

    小野一光『新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相』文春文庫。

    日本中を震撼させた尼崎連続変死事件の闇に迫るノンフィクションらしい。単行本を加筆修正、『文庫版補章 その後の「家族喰い」』を追録。

    元々、関係者が余りにも多く、人間関係も複雑な事件なのだが、テレビのワイドショーと同様に主犯格の角田美代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年07月31日

    凄まじき洗脳。
    この場所ならではの独特な地域性がありそう。
    被害者たちはたまたま罠にスポッとはまってしまった人たちなのだろうなと思う。

    登場人物が多すぎて39頁やその近辺の頁の相関図を何度も見た。(が、読み終わってから気付いたが366頁に一覧があった)

    全体に、事件の大きな動きが分かってよい内容...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています