小沼丹の一覧

「小沼丹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/01/11更新

ユーザーレビュー

  • 懐中時計
    なんとも言えずいいです。日常に死がやってきて、その中を日々静かに過ごしている大寺さん。ありそうでないです、こういう雰囲気をまとった小説は。
  • 黒いハンカチ
    「ビブリア古書堂の事件帖5」に出ていて。
    面白そうだと思ったので。

    なぜか懐かしさを感じた。
    昭和30年代に書かれたお話なので、
    年代的に実際に体験した懐かしさではない。

    実際に目で見たわけではなく、
    話で聞いたのか、本で読んだのか、
    その出処がわからない既視感が、
    何とも言えず心地よかった。
    ...続きを読む
  • 黒いハンカチ
    大好き♪
    A女学院の教師ニシ・アズマが活躍する連作短編集。
    さらりさらりと事件を解決していく。
    なかには殺人事件もあったりするのだが、解説の言葉を借りれば「殺害動機など、生臭い部分は巧妙に叙述が避けられている」おかげで、爽やかで品の良い作品になっている。

    このようなタイプの作品は、中にはもの足りな...続きを読む
  • 懐中時計
    地面にどっかりと腰をおろしている小説である。それは怠惰ということでなくて、地面に接する面積が多いという事、即ち生きている者の生活が誠実に描かれている。
    言うなれば四角錐なんだけれども、そこに何らかの死が通過していく。
    四角錐に落とされた雫のように、重力に逆らわず通過するのだ。

    どれも良いのだけれど...続きを読む
  • 小さな手袋
    何だろう、この圧倒的な感じ。普通のことをごく普通に書いているのに、とてもかなわないと思わせる文章。またひとり、平伏したくなる文筆家に出会ってしまったという快い敗北感。とことん読んでみたい。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!