「伊藤礼」おすすめ作品一覧

【伊藤礼】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/08更新

ユーザーレビュー

  • こぐこぐ自転車
    面白かった!
    ちょこちょこ声を出して笑ってしまった。
    しかしこの程度を毒舌と云うひとが多いのは意外。
    私は品のいいユーモアとして読んでた。
  • こぐこぐ自転車
    ご本人はこういう紹介をされるのは、嫌だろうが、どうしてもこんな前振りがついてしまう。「著者の伊藤礼氏は、 "チャタレイ夫人の恋人"を翻訳した、伊藤整氏のご子息で」と。
    そんなこととは別で、この伊藤礼氏は、学校を定年退職する直前に、自転車通勤を思い立ち、以来、多くの自転車を購入しては試し、それこそ友人...続きを読む
  • こぐこぐ自転車
    とても楽しく読めた。

    都内の川沿いを走ったり、北海道大旅行をしたりと内容が面白いのはもちろんのこと、
    なんとも言えない文章の面白みと、
    著者のひねくれとこだわりに加えて、古希のサイクリストというスパイスがあまりに絶妙。
    年寄りは偏屈であってこそ面白い。
    いつの日か愛される偏屈ばあさんになれたら嬉し...続きを読む
  • 狸ビール
    たぬきをしこたま食べてビールをしこたま飲んだら胃袋のなかで狸ビールができて、というすっとぼけたエピソードのとっぱなの一章で、佐藤垢石の『たぬき汁』ならぬ狸ビールとなった、釣随筆ならぬ猟随筆が、だらだらと、うっとりと、英文学者で伊藤整の息子、というどう転んでも裕福なインテリの著者が経験した「消滅するこ...続きを読む
  • こぐこぐ自転車
    普段自転車で同じ都内を走っていると共感できる事が多い。最初は嫌だった作者の毒舌(?)も読み進めるうちに個性的に思え最後まで面白く読めた。中高年自転車乗りには必読!