【感想・ネタバレ】人生教習所(上)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年03月16日

「君たちに明日はない」シリーズで出会い
「ワイルド・ソウル」で完全に虜!の、垣根涼介さん。
読む前からひしひし感じる名作感、深まるわー。

スタイルとしては「日常から隔離された場所」に集う
人々を、一人ずつの視点を追いながら読んでく感じ。
ありがちな設定も、垣根先生テイストだとまた新鮮w

私自身は...続きを読む「セミナー」とか「自己啓発」的な集まりとか、
まったく行かないし興味もないけど。むしろ苦手。
なんでかってぇと、読書が私にとっては学びの場なので。
だので、読んでて「こんな感じなのかー」と、思う。

舞台は小笠原諸島。父島・母島…良いところだなぁ。
日本の島でありながらその存在も歴史も知らんこと多い。
ので、行ってみたい&知りたいな。
旅心刺激されながら、下巻へ。うきうき。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月25日

話が三人の登場人物の視点でコロコロ変わりながら、進んでいくのが新鮮。それぞれの背景を元にした視点で、他の登場人物では描けない部分が見えて面白い。下巻が楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月22日

それぞれ心に何かを抱えた老若男女が、小笠原で開催されるセミナーに参加する。

おぉ、意外とマジメな内容だ。
セミナーも怪しくなく良心的っぽい。

で、下。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年07月03日

評価は4.

内容(BOOKデーターベース)
新聞に不思議な広告が掲載された。「人生再生セミナー 小笠原塾」。実態は謎だが、そうそうたる企業が後援し、最終合格者には必ず就職先が斡旋されるという。再起をかけて集まってきた人生の「落ちこぼれ」たちは、期待と不安を胸に抱き、はるか小笠原諸島へと出航する!迷...続きを読むえる大人たちのための、新たなエール小説。

なかなか読むのに時間がかかる・・・下巻へ期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月04日

元経団連会長が主催する人生再生セミナー。
講義の内容は一般的な正論を述べるだけでない含蓄があり、また参加者も自分の人生に当てはめて消化していき、それによって周囲の人への接し方も変わっていくという過程の描き方が巧みです。
人生を見つめ直す点において、俺たちに明日はないシリーズと共通するものがありますね...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月14日

読み始めたら小笠原が舞台だったのです。おがさわら丸のエンジン音、小笠原の光景や空気がとても懐かしい。昨日のことのように思い出せる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月06日

小笠原諸島の父島と母島を舞台にした無事試験をパスし、講習を受ければ就職の斡旋を約束した風変わりなセミナーの話し。参加した理由が違う4人の参加者のセミナーでの生活や対応がそれぞれのキャラクターで生き生きと描かれており、読者として惹きつけられる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月10日

久しぶりに面白い本を読んでいる気がします。ストーリーよりもこの後、自分がどんなことを学べるかにという期待でどんどん読み進めていけました。おそらく自分も人生教習所に入って、いろいろ学びいろいろ感じたいのだろうと。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年03月15日

ミステリー以外で島の話はサウスパウンド以来かな。

怪しくもない研修と分かってても飽きないのは、
島の描写に心洗われるからか。
原付走らせるシーンなんて気持ちいい。

再就職への気持ちが変わったかどうか、主人公も
はっきりしていない雰囲気もいいな。

初めての著者、他も気になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月20日

2014年、7冊目?(か?)
久しく本を読んでいなくて、GWの小笠原より帰京後に読み始め…

人生やり直したい人たちのセミナー、という、その舞台がまさに小笠原諸島は父島でした、と。

丁度世界遺産登録前の時期が舞台ということだけど、あまりにおが丸といい、町の感じといい、まさに、まさにでニヤリとする感...続きを読むじでした。

丁度今回泊まった宿が、セミナーの舞台のホテルに立地が近かったというのもあり…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月20日

異世代間が生み出す交流。そこでなら吐き出せる、新しい自分があるのかも。相変わらず人物描写が巧み。
自意識が人を人たらしめている、ということが印象的。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月23日

なかなか良い。
買ってよかった。
ためになる部分もある。

これを手にする前に、ヒートアイランドシリーズを一通り読んでおいた方がいいかもしれない。

作者のお茶目な部分を垣間見た。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月08日

人生再生セミナーに参加した各主人公たちが、どう再生するのか、下巻が楽しみ。
セミナー会場の、小笠原の父島、母島のそれぞれの描写が魅力的で、行ってみたくなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月07日

「人生再生セミナー 小笠原塾」この新聞広告を目にして、集まった個性的な人間たち。人生の再起を考えて、それぞれ思いを抱いて遥か小笠原へ。
自然豊かな小笠原の描写も詳しく描かれていて、世界自然遺産の小笠原に行って見たい思いが更に高まる作品です。
セミナーで中心に描かれている、浅川、柏木、森川、竹崎のその...続きを読む後が・・・。下巻に期待大です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月28日

文字とはふしぎなものだ。真摯に書かれたものになるほど、ある意味、そらぞれの人間と直接会話を交わすより、その当人の人格を如実に表す。
ある意味、彼らと面と向かって短時間話すよりも、その内面が確実に焙り出される。


それは国も時代も性別も立場さえ簡単に超えるから、私は本が好き。
例えば漱石の書籍を一つ...続きを読むも読んだ事のない当時のお隣さんよりも、2013年の私の方が奴とマブダチだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月15日

職業問わず落ちこぼれと呼ばれる人は存在する。小笠原諸島を舞台にそんな人達に対する出直しの機会を与えるセミナー。各キャラクターのエピソードとともに、「人生の確率」、「出発点→経由店→着地点」、「認知」といった哲学的な要素をわかりやすく人生に置き換えて描かれている。ストーリーだけでなく、すごく考えさせら...続きを読むれる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月01日

元経団連会長が主催し、そうそうたる団体や企業が後援する「人間再生セミナー 小笠原塾」。
募集広告を目にして集まった個性的な人々は人生の再起をかけ、それぞれの思いを抱いて参加する。
果たして彼らは人生をやり直せるのか。

人生に行きづまった人たちが小笠原で自己啓発セミナーを受ける。
その美しい自然と数...続きを読む奇な歴史に触れることによって、登場人物たちは少しずつ変わっていく。
それだけの話なのですが、妙に心に残るものがありました。

前半は人生の成功確率論や人生の目的設定、自己認知などのセミナーの様子が淡々と描かれ、後半は小笠原の歴史と共に生きた島民たちの体験談が語られていきます。

セミナーを受けただけで人の気持ちはそんなにすぐ変わるものではないと思いますが、気づきを得て少しずつ変容していこうとする登場人物の心の動きは気持ちよく、何だか嬉しかったです。

物語の力点は自己啓発セミナーの内容や小笠原の歴史に置かれているので、キャラクターの絡ませ方やエンタメ小説としての緩急はイマイチだったかな。

でも、年齢は関係なく、心持ちが若い人の再出発を見るのは(読むのは)、いいものですね~。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月06日


引きこもり東大生、元ヤクザ、内気な女性ライター...
小笠原諸島で行われる人間開発セミナー。

小笠原諸島についての歴史や、その魅力が描かれる。

非常に穏やかな作品でした。物語の抑揚が良い意味でない。垣根氏は人間を描くのが非常に上手い。

しかし、コロンビアの例の男が登場するが、垣根作品を読んで...続きを読むる者としては懐かしい。別作品のキャラがでてくると嬉しいね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月26日

現存する多岐の学問から最大公約数的な人生の方法論を教え、新しい認知を確率させる。
新しい生き方の指針となるセミナー。
個性的な参加者。彼らがどう変わるのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月15日

私は垣根さんの「君たちに明日はない」シリーズが結構好きで、この小説もかなり期待して読んだのですが。。。

まず設定が大甘で、離島で人生をやり直すための合宿形式のセミナー、という陳腐さには苦笑しました。

また、セミナーの中身も深いんだか深くないんだか。。。トピック選定はいいんですが、中身が中途半端。...続きを読む途中設定された選抜テストの内容も、、、私ごときでも全部正解が分かってしまいました。。。

後半はなぜか小笠原の歴史と欧米系住民の話。それ自体は大変興味深く読んだのですが、前半との関連性がない。。。

文庫版は上下二巻ですが、上巻の途中で辞めようかと思ったくらいです。

が、読後感が、、、良い。なぜか心に残るんですよね~。

登場人物も、東大生のひきこもり、元やくざ、太っていて自分に自信がないフリーライター、と、こちらも設定に負けず劣らず陳腐なのですが、でも個々の登場人物の心の動きとかセリフ、人間関係と会話は、いいです。さすが垣根さんというところだと思います。

ということで、小笠原の歴史を深く知れたことと、小説として大事な心理描写なんかがちゃんとしてて、読後感も悪くなかったので、☆三つであります。

人生教習所というタイトルとか凝った設定で変に期待させているところが損をしているような気がします。もっと普通の設定で、心理描写や人間関係をもっともっと前面に押し出していたら、よりよい小説だったような気がします。

このレビューは参考になりましたか?