【感想・ネタバレ】ストーリーで学ぶデジタルシフトの真髄のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月29日

すごく読みやすくて、なるほど感がたくさんで、読んでよかった本だった、というのがまず正直な感想。

デジタルトランスフォーメーション(DX)が叫ばれている中、実務においても社内DX推進や、お客様内のDX推進をご支援していきたいのであるが、なんだか具体的に何をしたらよいのかよくわからず、なんか言葉が躍っ...続きを読むている感じ、で、具体的に何よ?というところもあって、DX系の書籍をいくつか顧客の代わりに読み漁ってみようと購入した本。結果として買って読んでよかった。

あとがきP226 から抜粋
==========
本書は、我々のようなスタートアップでもない企業がデジタルシフトに取り組むにあたって、推進担当の役員・部長、個別プロジェクトのメンバーが直面しうる課題と解決のエッセンスを盛り込み、しかも手触り感をもって読めることを目指した。
==========

おう、まさに、読み終わったあとがきに『手触り感』という言葉が出てきたぜ。まさにそのとおり。 このストーリーから、自社に当てはめたときにどうなのか?ヒントがたくさんちりばめられている気がする。

たしかに100%内製で進めていかないとスピード感に云々の件は、おっしゃるとおりごもっとも(DX Enablerとなるべくお客さまをご支援したい我々としたら、どういう価値が提供できるか、は、知恵の絞りどころ)。

もう一点、大事なメッセージもあったのでこちらに残しておく。
==========
デジタル技術を活用し、課題解決を図る場面では、失敗もあるし方向転換もある。 それを耐え抜きながら目的を達成していくには、現場の一人ひとりにデジタル化を「自分事」と捉えてもらうこと、つまり「オーナーシップ」を持って臨んでもらうことが欠かせないからだ。主役はあくまで現場なのである。
==========


先日、お客様の一部門とAIに関する意見交換を実施した。この本で得たヒントをもとに、お客様の現場の課題のヒアリングを実施してみようと思う。
→ 軽く一気に読める本なので、あくまで参考程度にさらっと読んでおくだけでも、よいと思う2019年8月の本。(確かに旬な時期は数年しかもたないかもしれないけど、今の僕の迷いにはピタリときたよね)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月01日

AIを活用してFax自動仕分けシステムを構築する際、社外のベンダーは「その他」カテゴリーはないものと考えていた。「その他」とは何か?
AIに学習させるための教師データに誤りがあれば、AIはそれを鵜呑みにして誤った結果を出す。教師データの誤りはどのように発生するのか?
システム担当にとって感動的な成果...続きを読むでも、経営層の心に響かないこともある。そんなときどうする?

このレビューは参考になりましたか?