【感想・ネタバレ】そろそろ旅に のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年08月19日

奥付は2011年3月15日第1刷。この頃読んだ本(何かは失念!)に触発されて江戸の紀行に関連する本を数冊購入したうちの一冊。変な先入観が無かった分、十返舎一九の伝記的小説ということも意識になかったため、読む驚きがあった。山東京伝、馬琴、写楽、豊国、北斎等々、教科書に出てくる有名人が同時代にいた凄さ。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月03日

「十返舎一九」といえば「東海道中膝栗毛」。
恥ずかしながら、これまで単なる知識としての名前しか知らなかった。
「弥次さん」「喜多さん」に至るまでの、人として、男として、
そして、作家としての苦悩が、ていねいに描かれていて、
読後、ずっしりとした感動に満たされる・・・。
当時の歴史についても、くわしく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月04日

台風のお陰で
ぽっかり できた 
家に居つく休みの一日
朝から 不穏な空の様子
そのうち ぱらぱらと落ちてきたなと
思ったら
そのうち ものすごい風が…

さて どうしよう と 思ったた時に
ふと目に留まった一冊

ページをめくって
ものの十分もせぬうちに
すっかり江戸期の大阪の町に
連れていか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月15日

円朝の女の感想書いてて、これ読んでた事思い出した!だいたい面白いけど最後に分かる2人の関係がちょっと後味悪くて…自分はなるべく脳天気な話が好き。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月16日

おもしろかった。
さすが松井さんは文楽をはじめ、伝統芸能に造詣が深い。
十返舎一九が武士だったことも知らなかったけれど、本当にいい意味でも悪い意味でもツキヌケタ人物だということがよくわかりました。
灰さようなら、お見事な人生!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年10月25日

それなりの地位につきながらも違和感を感じていた男が本願を果たすまでの物語。日常から離れてみたいという願望は誰でも持つと思います。「こことは違うどこかに行こう。」と呼びかけているような題名に思わず本書を手にしました。最後、夢をかなえたはずの主人公に寂しさが漂っているのが現実的です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月18日

「東海道中膝栗毛」の十返舎一九の若いころを描いたもの。前半はなかなか読み進めないなーとちょっと思っていたりしたけれど、真ん中くらいから、一九が江戸に出て戯作者となっていくあたりから、なぜだか急にすごくおもしろくなった! 当時の江戸の出版界?の話とか、蔦屋重三郎とか馬琴とか式亭三馬とか出てくるあたりと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月29日

文庫化を待っておりました。嬉しい‼

本書の前半は大阪が舞台で、「プリンセス・トヨトミ」を読み終わったばかりの自分は「大阪」らしさとはなんぞやとか思いつつ読んだりしました。
本作もさまざまな情報がてんこもりで、しかもそれが香道だったり江戸時代の出版界だったり旅であったりといちいちツボにはまるので楽し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月22日

十返舎一九もの。駿府の侍だった男が、大阪に流れて商家の入り婿となり、浄瑠璃台本を書くようになり、江戸に渡って山東京伝に出会い、作家となり、また旅に出て「膝栗毛」を執筆するまでの話。

この前に読んでいたのが「花伝書」シリーズだったので比べるとすらすらっと読める感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月25日

『東海道中膝栗毛』の著者、十返舎一九の若かりし頃の話。大坂と江戸の町人の生活が活き活きと描かれていた。やはり全く異なるものですね。戯作の世界だけでなく江戸文化の香遊びや人形浄瑠璃といったのも出てきて楽しめた。一九は素直で思いやりがあるんだけど、反面、この男はひとつの場所にじっとはしておられず、つなぎ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?