【感想・ネタバレ】新装版 阿片戦争 (四)のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年07月28日

★★★2017年7月レビュー★★★


長い長い物語が終わった。連維材、林則徐、王挙止・・・多くの魅力的な人物によって彩られた物語、史伝だった。もっとも心の残ったのは深刻な政府、官僚組織の腐敗だ。皇帝への報告は虚偽に満ちたものであり、だれもが責任回避しか頭にない。
本当に責任感をもった、誠実な人間は...続きを読む左遷されるという恐ろしい事態。「過去の中国のこと」と切り捨ててはいけないと思う。現在の会社などの身近な組織でも起こりうることだと感じた。


次に、英軍による残虐行為。1840年時点においても、兵隊による残虐行為が横行していたのか。坂本龍馬が感銘を受けたという「万国公法」たるものは機能していなかったのか。そもそも阿片戦争自体が大義のない戦争であるが。


最終巻では、多くの人物が戦火に倒れた。
カン・ギタンの最期は非常に残念だ。あんなに活発だった若者が、わけも分からず死んでしまったのは悔しい気がする。

このレビューは参考になりましたか?