【感想・ネタバレ】奇子 手塚治虫文庫全集(1) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年02月10日

閉鎖的な農村の庄屋一家の物語。
ひとりひとりは自分の「正しさ」に則って動いており、その「ツケ」がすべてひとりの幼子に降りかかる。
読むべき作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月13日

黒手塚を代表する作品

手塚治虫のかわいらしい絵柄だから最後まで読めるのだと思う。

白手塚しか知らない人にしてみたら驚くことばかりの作品だと思う。でも読んで欲しい。

手塚先生は本当に人について深く考えていた人なんだな〜と思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月29日

霜川事件、三鷹事件、松川事件をうまく織り交ぜつつ、戦後史の裏面を鮮やかに綴った手塚治虫の裏代表作のひとつ。どこまでもどこまでも暗い話に関わらず読者をまったく離さないのは、確実に漫画の神様・手塚治虫の力の成せる技です。文庫本に収録されている橋本治の解説「少年だった大人はグロテスクを獲得することが出来る...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月17日

手塚治虫の問題作として知られる、村社会を中心に戦後日本の暗部を描いた作品。

青森の地方旧家である天外家は、かつて大地主であったが戦後の農地改革によりその繁栄は衰退の一途にあった。天外家の次男である仁郎は戦場から復員し、四女として「奇子」が生まれたことを聞かされるが、奇子が不義の子であることに気付き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月28日

話の展開といい、着想といい、雰囲気といい、すべて見事。
こういったシリアスで深い話は普通の漫画家には書けない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月22日

思いの外面白かった。3冊まとめて買っておけば良かったと後悔。この終わり方は先が気になりますよぅ……

タイトルにもなっている奇子がこのあと一体どんな女性に成長していくんだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月19日

未だに不可解な謎を残している下山事件を絡めてきて、社会派だなあっと。

お涼が処女のまま死んでしまった。ぐぬぬ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年07月15日

帰郷

祝殿

加東という男

時の亀裂

轢死体

烙印

擬態



証言

生ける屍

動乱の翳

さなぎ

人形の家

泥流

光陰

このレビューは参考になりましたか?