【感想・ネタバレ】十三階の女のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年10月01日

違法捜査もいとわない公安とテロ組織との戦い。
主人公の律子は、小説にありがちな美人のやり手、というわけではないが、冷静な分析をもとにテロ組織の行動を予測していく。
スリリングな展開が、飽きさせない。
クライマックスは、テロを防いだ後の取調室の攻防か。

相手を出し抜くには、裏を描く事。
裏を描くには...続きを読む、これはやらない、これはできないという暗黙のボーダーライン、ここでは、人としてのプライドを踏み越える事。
踏み越える事で、得られるものと同時に失ってしまうものの大きさ。葛藤が切なく悲しいラスト。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月23日

吉川英梨『十三階の女』双葉文庫。

警察庁公安秘密組織の女性刑事・黒江律子を主人公にした『十三階シリーズ』の第1弾。

吉川英梨がついに化けたなというのが最初の感想。これまではハードサスペンスを良い調子で展開していながら次第に男女の甘い色恋の描写が強くなり、ストーリーを台無しにするケースが多かったの...続きを読むに本作ではどうだろう……確かに律子と古池、白河、或いは水橋との男女の関係が描かれるのだが、これまでの作品とは違って主人公の律子が非情なまでに恋愛に対して冷たく、その本性は残酷なのだ。

組織のために自らの『女』をも武器にする黒江律子は北陸新幹線爆破テロで多くの犠牲者を出すという大失態により活動を制限される。やがて『十三階』に復帰した律子は北陸新幹線爆破テロを起こした『名もなき戦士団』を殲滅するために行動を起こす……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月26日

吉川英梨さん初読みです。また新しい女性警官に出会ってしまいました。駆け引き、裏切り、女を武器にしてまで黒江律子を突き動かす公安刑事という仕事。頑張れ黒江律子、次も期待です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月21日

警察庁の公安秘密組織『十三階』。この組織は国家の異分子を排除するためには、ときに非合法な捜査も厭わない。盗聴、盗撮、身分偽装―最強のスパイ組織にはなんでもありだ。若き刑事・黒江律子は北陸新幹線爆破テロを起こした『名もなき戦士団』を壊滅させるため、ハニートラップさえ駆使して捜査にまい進する。だが、接触...続きを読むしたテロリストを愛してしまったかもしれない―捜査の過程で苦悩する律子は首謀者「スノウ・ホワイト」を逮捕できるのか!?緊迫のスパイサスペンス始動。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月09日

4月-8。3.5点。
公安女子刑事が主人公。左翼の協力者の扱いを間違い、
新幹線に対する爆破テロが発生する。
捜査していくと、イスラム国に繋がる大きなテロ組織に繋がる。

恋愛感情を前面に出した刑事物。終盤のスピード感はさすが。次作も期待。

このレビューは参考になりましたか?