【感想・ネタバレ】風魔(上) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年01月23日

宮本昌孝著「風魔(上巻)」を読みました。

 待望の文庫化、全3巻のうちの上巻です。

 時は、秀吉が天下を握ろうとしている時代、北条方に代々仕える忍者風魔一族の長、風間小太郎が主人公です。謀略渦巻く乱世に自由を求め生きた、希代の忍びの生涯が描かれています。

 主君を救うため、小太郎は優れた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月26日

名前はよく聞くけど、実際の人物像とかは全然知らなかった。というか、空想上の人物かと思ってたし。戦国無双とかやってても、完全に化け物扱いやし。そういえば北条傘下として登場してたな、とか思いながら、イメージ的には戦国無双のそれを想い描きながら読み進めてます。完全に裏方の話だけど、雑賀孫一の話(尻くらえ孫...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月22日

風魔小太郎を題材にした小説だから軽いのかと思ったが、なんて骨太な小説。特に豊臣秀吉の軍勢と北条氏一門の小田原城包囲戦は読み応えがあった。本当は氏康の時代をもっと読みたいのだが、4代氏政、5代氏直との関係性、そして氏照・氏邦・氏規とそれぞれ魅力的に描かれていてとても良かった。その中を風魔の頭領、小太郎...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月21日

全3巻。
なぜか自分の中で
宮城谷昌光と混合してて
避けてた著者。
名前にてるから。
初見。

よいね。

ダーティーで化け物なイメージの強い風魔小太郎を、
純粋で陽なヒーローにしてる。
無敵のヒーローが個性豊かな敵方と
胸躍る戦いをって感じ。
それほど忍者忍者な伝奇でもない。
小太郎の人物像もすご...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月20日

主人公は戦国の世を忍びとして生きる風魔の小太郎。忍びでありながら陰にあらず陽の者。裏工作にありがちな非道を行わず、あくまで義を貫くナイスガイ。爽快感溢れるエンターテイメントです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月08日

秀吉、関が原、家康の頃、忍びの風魔衆の棟梁、風間小太郎というとてつもなく強く、優しい忍びの話。
憎き相手となる、同業の湛光風車や家康方の忍びのまとめである柳生又右衛門との死闘や、敵・味方いずれともわからないような曾呂利新左エ門など、様々な特徴ある登場人物が入れ替わり立ち代り小太郎と関わりあい、助け合...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月02日

北条家の忍、小太郎。
私のイメージは忍びと言うよりアメリカ映画のスーパーマンみたいな感じ。

歴史に疎い私でも割とすんなり読めた方だと思います。
実はこの本、三分の一くらい読んで、一年近く放置してしまっていた本。
先日ふと思い出し続きを読みました。
いや、良く内容覚えていたな。
中、下巻は間を空けず...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月16日

風魔外伝を読んで、本編を覚えていないと楽しめないため、再読。確かにこういう話だったので、外伝の話があるのだなということがよくわかる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

まさかの仁義に厚い風魔小太郎。
バサラコタ想像しながら読むと大変首を傾げる結果に。
佐助に期待してはいけない。マジで。
おもしろかった!^^^

このレビューは参考になりましたか?