【感想・ネタバレ】恥知らずのパープルヘイズ―ジョジョの奇妙な冒険より―のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年12月14日

ディアボロを倒してボスになったジョルノ。そのジョルノの命でミスタはかつてチームを離脱したフーゴに決断を迫る。
上遠野浩平さんの作品読むのは初めて。すごくジョジョの世界だった。フーゴの迷いが伝わってきた。ジョルノのカリスマ性すごい。最後のトリッシュの話もよかった。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

2020年12月09日

5部ファンは迷わず買うべきです。1部から4部の小ネタもちょいちょい入ってるのでジョジョファンならニンマリできるでしょう。まさか「アレ」が物語に介入してくるとは…サプライズでした!
主人公のフーゴはもちろん、時系列では既に亡くなったパッショーネのメンバーの事も掘り下げています。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白かった

... 2018年08月15日

何となく読み忘れていたがふと思い出し
すぐ読破

面白かった....

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

マンガ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のスピンオフ小説。ちなみに上遠野さんは初めて読む作家。

この作品は、黄金の風でブチャラティのチームから離脱したパンナコッタ・フーゴを主役に据えた物語。そして黄金の風の終了後の世界を描いているので、当然、登場人物たちの現状などネタバレ必然である。そういうのが平...続きを読む気な人と、黄金の風を読み終わった人のみに勧める。

マフィアの元麻薬チームを始末する任を負われたフーゴは、同じく非のあるスタンド使い二人と共に彼らを追う。
一方の麻薬チームも精鋭揃いのスタンド使い。黄金の風同様、負けたら死の壮絶な戦いとなる。
そんな中、フーゴは半年前のことを回想する。敬愛していたブチャラティが突然連れてきたジョルノという少年。回り出す運命。まるでジョルノが運んできたかのように。
なぜ「彼」はこの任務を自分に命じたのか。自分が持つおぞましいスタンド〈パープル・ヘイズ〉も含め、邪魔に思っているのではないのか。

上遠野さんが描くラストに魅せられた。自分は原作の黄金の風は未読なのだが、「彼」がトップに立ったことによる新生〈パッショーネ〉が何を目指しているのか、そしてその戦いから途中離脱したフーゴの苦悩や後悔といったものが丁寧に描かれていくからこその、ラストの「彼」との会話がまるで神話のような感じさえした。
まあ意地悪な言い方をしてしまうと「出来過ぎ」な位。

おまけとして(?)まさかの箇所で、『石仮面』『トニオ・トラサルディ』が登場(?)します。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

好き

デョデョ 2020年07月12日

面白かったです

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月11日

ジョジョの奇妙な冒険には昨年のアニメから一気にハマり、こうして外伝小説にも手を出す程になってしまいました笑
あの一件以降、ひっそりと宙ぶらりんに生きていたパンナコッタ・フーゴが、再び自分を探し始めるおはなし。
ブチャラティやジョルノのように覚悟が決まった物語は良い。いつだって進む道を灯してくれるし、...続きを読むなにより進む力をくれる。でも、この世界にだって、そんな風にはいかない人は多い。むしろ、そういった人の方が多いのです。パンナコッタ・フーゴも、シーラEも、麻薬チームも、みんなそう。進むと言われたって道がたくさんありすぎて何も分からないから、ただ目の前の道を歩き続けている。これは、そんなひとへの応援歌だと思います。
なんとか地を蹴りがむしゃらに突き進む彼らの道に幸あれ。
ひとは、かの黄金の風のように強く、美しくなくたって、歩んでいける。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月04日

本編を読んだ後なので、より入り込めるかと思って再読。「その後」のフーゴの視点で第五部を振り返る。表舞台から退場したとしても「その後」はあるし、あの時一歩踏み出せなかったのにだって理由はある。本編第五部までしか読んでいないのでそれ以降を知らないけれど、ジョルノと承太郎や仗助はどういう関係を築くのだろう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月16日

ジョジョの奇妙な冒険第5部の後日譚!

ブチャラティ達と決別したパンナコッタフーゴの物語!
フーゴの期待!?を裏切ってジョルノ達はブチャラティや他のメンバーを失うもののディアブロに勝利!今、組織を支配するのはジョルノジョバーナ!
裏切り者となったフーゴはかつての友でジョルノの部下のミスタからある指令...続きを読むを受けることになる!


物語の途中でブチャラティやナランチャ、アバッキャオ達との思い出あり!またフーゴがブチャラティと出逢うまでとフーゴの幼い頃のエピソードなど、フーゴの人格形成に至るまでのヒントも語られます。


個人的には第五部の終盤でフーゴにはメンバーの下に帰って来て欲しかったのですが、帰ってこなかったからこその『恥知らずのパープルヘイズ』であったので、今はそれに満足してます。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ジョジョ5部ファンなら...

sorui 2020年10月16日

第5部が大変好きなので買ってはみたが、序盤から中盤までイマイチ入り込めなかったので数ページ読んではやめ、を繰り返し、結局読み終わるのに2週間ほどかかった。ラスト数ページとトリッシュウナの短編の描写は美しく、そこだけは買って良かったと思った。

また、他の部の話やその登場人物を小出しにするのが無理...続きを読む矢理感もあり個人的には好ましくなかった。

ただ、企画と設定は面白く、漫画同様イタリア各所の描写や文化もリスペクトししっかり作り込まれているので、5部ファンは読んでみても良いと思う。


このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月31日

原作・漫画で袂を分かったフーゴが
どう着地したのか、それを知るため読んでみる。

背景を知った上での冒険・アクションものとして
面白く読めたことを先に告げておくが、

回想というかたちで原作のシーンを文字で追いながら、
思い浮かんだのは
「裏切者の名を受けて、全てを捨てて戦う男~♪」
フーゴが最終的...続きを読むにそうなったのは、よしとして、
受け入れる、前に進む(進ませる)、導く
ように見えるけど、ジョルノがわざわざ出てきて
トップに立ったら、そんな感じだったのかなぁ
という感想。
結局、掌で転がされていた、と思うには
ジョルノ側の描写が足りないのか、
フーゴが独り覚醒していく感じが、
あまりにご都合主義的に思えたのか。
みたかった、その先を見られた反面
なにか密度か濃度が非常識が物足りない。
あとがきの社に構えて、おしゃれで、すかした感じかなぁ。

このレビューは参考になりましたか?