【感想・ネタバレ】鹿楓堂よついろ日和 9巻のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

購入済み

今巻はスイーツ率高め

はち 2021年04月02日

特にあんこがたべたくなる巻でした。揚げ物の話も入っていて、甘いしょっぱいを交互に繰り返すように、何度もちょこちょこ読み返したくなる作品です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年05月06日

角崎さんは食えない男だと思うけれど、
折角作ったケーキを試食もせずに、見た目を派手にして
としか言わず判断する社長と働くのはきついだろうなと思う。
つばきが負けてられないと発起して出展を決めるのは恰好良かった。

自分はモナカのもちゃもちゃ感が苦手なので、
サクサクのもの美味しそうだ。食べてみたい。...続きを読む
石衣もとても美味しそうだし、行列を作っている人たちに
サービスで配るのもコスト的にもそうだし
それだけの個数を徹夜で用意するのは相当大変だったと思う。
実際こうした催事に参加するときに、キッチンスタッフが一人は無理があるのではないだろうか。
作り置きしたものを出すだけならまだしも。
千利くんが手伝いに来てくれて本当に有り難い。

つばき君が角崎さんの様子が可笑しいのに気づいて
ぐれに頼んで差し入れするのも良いし、
実演枠越しに目線とジェスチャーだけで会話をする2人が恰好良い。
助けたのではなくていつもの角崎さんと対峙したいと思っただけで、余計なことをしたと謝るつばき君だけれど
そうまで思える人に出会えたのは財産だし
人に笑顔になってほしいからお菓子を作っている
というつばき君との対峙は
角崎さんにとってもマイナスではないと思う。
ずっと何かが空っぽだったというつばき君。
でも鹿楓堂にきてみんなに出会い、目指したい人ができて初めて負けたくないと思って
大切な人達に必要とされる喜びを知った。
とても素敵なことだし、この道を選んでよかったと
笑顔で言えることがこちらも嬉しくなってしまう。

スタッフの数もおそらく他の店に比べて少なかった鹿楓堂が売上はそこまで高くないのも当り前だろう。
それでも顧客満足度が高かったというのは流石だ。
だが、売上重視の人たちからは認めてもらえない。

柴野さんが元気に猫の奴隷をしているようで良かった。笑
桜田さん、そんな冗談言ってくれる人なんだ。
しかし真面目に部屋を借りるのもありなのではと思う。

子育てあるあるなのかもしれないが、
妹が我儘を言った時に兄に我慢させるというのは
母親としては妹を一番はやく黙らせられるから楽なのかもしれないがどうなのだろう。
妹の為にも兄の為にもならない気がする。
一人っ子のつばき君がびっくりしてるのも微笑ましかったし、
鹿楓堂のみんなが気がついてくれて、その場でではなかったけれどご褒美をくれて良かった。
おまけつけていいですかと親に断った上で
本人に手渡すところが良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月24日

うー、なんて素敵なおもてなし。角崎さんが少し好きになった気がする。表紙の角崎さんが手に持っているプリンアラモードとお兄ちゃんへのご褒美のお団子と柴野さんの春巻き食べたい… 兄弟ふたりで仕事できる日が早く来ればいいのにな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月17日

第四十二話  試練のスイーツトラップコレクション 前編
第四十三話  試練のスイーツトラップコレクション 中編
第四十四話 試練のスイーツトラップコレクション 後編
第四十五話 黄金色の衝撃
第四十六話 それぞれの選択

このレビューは参考になりましたか?