【感想・ネタバレ】人工知能は人間を超えるか のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月17日

人工知能研究について、現在ブームとなっているが、実は過去にも何度か流行っていたということと冬の時代があったことを紹介して始まった。1,2,3次ブームでそれぞれ何が人工知能の発展を後押ししたかに触れながら、機械学習と深層学習との違いを説明している。
全体的に数式などはなく読みやすく、人工知能についてザ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月10日

気鋭の人工知能の研究者、東大の松尾准教授によって、人工知能の歴史、人工知能の工学的な概要、昨今話題のディープラーニング、それによってどんな世界が待っているか、について書かれ、人工知能についてざっと把握できる、良い本だった。さらっと読めた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月26日

人工知能の歴史をなぞりながら、ディープラーニングの有用性、今後の社会への影響を著者なりに幅広く書いた解説本。数年前刊行にも関わらず、内容は非常に有用だった。
特にOSを握らないとGAFAのように台頭する企業が日本から出ない、という意見には賛同。
研究者の数も少ない日本が盛り返すために、自分が何をすべ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月13日

現在起こっているAIブームが過去二回のブームと大きく違うのは、計算機の飛躍的な能力向上と、ディープラーニングという技術により、長年課題だった特徴量を決めることを人工知能自らできるようになったことによる。
まだまだ人工知能開発の可能性が見えたに過ぎない段階で、これから起こりうる社会的インパクトの方が遥...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月31日

「人工知能って何?」
最近よく耳にする人工知能やAIといったものが何なのか。
人工知能の研究の歴史を紐解くことで、そんな疑問に答える内容になっている。
人間と人工知能が共存する道はあるのか。この本をきっかけに考えていきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月14日

バズワードとなっている人工知能についての人工知能の専門家による解説書。ナンチャッテでない本物の専門家による解説だけでに読んでて安心感があった。マスコミの煽りに踊らされ、誤った判断をしないようにするための格好の書だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

昨日の飲み会で、何をAIって言うんだっけ?みたいな話をしてて、例えば主成分分析は?って話になったり、じゃあディープラーニングって何?みたい話をした。
松尾先生は、ディープラーニングは主成分分析を非線形にして多段にしたもの、と著者で言っていて、この点に関しては前後読んで概念は理解出来た。
また気になる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月22日

AIを勉強するにあたり現状を大まかに掴むために読んでみたが、非常に良書であった。
数式は全くなく、代わりに概念の説明やAI発展の歴史がほとんど。使っている例が秀逸で、特にディープラーニングの概念は理解を深められた。2015年の本ではあるが、いまAIの分野で何が起こっているかを理解するには十分すぎる内...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

人工知能に興味がある全ての方に

わいあど 2017年05月04日

人工知能(AI)がダボス会議の主要議題になり、日々経済ニュースに登場する現在、改めて「人工知能とは何か」を研究者の立場から解説した名著と言えると思います。
過去の2度の「AIブーム」とその後に訪れた「冬の時代」、ディープラーニングがもたらした「第3次AIブーム」と言える現在の可能性と限界、今後の展...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月07日

東京大学大学院工学系研究科 松尾豊氏による人工知能についての解説書。「人工知能」「AI」「ディープラーニング」など、一般の情報番組でも見かけることが多くなった言葉ですが、門外漢にはいまいち正しく内容が伝わっていないと思われます。第1次、第2次とブームがあった人工知能の歴史から始まり、現状の把握や未来...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月03日

人工知能という言葉の意味とディープラーニングがどういったものなのか概念を素人にも分かりやすく解説してくれる1冊。ディープラーニングはそれまでの学習方法とは異なり、人間は得意だがコンピュータは扱うのが苦手な特徴量(例えば年収をモデル化しようとした場合に性別なのか勤続年数なのか、あるいは出身地なのかとい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月19日

AIについて一般向けに、的確に説明した本。要領よくまとめられており、文章も読みやすく、分かりやすい。ディープラーニングについて理解できた。がしかし、「符号」「アルゴリズム」「線形/非線形」「最小自乗法」といった情報工学・数学の用語が何の説明もなく使われるので、一般の人では理解するのは難しいかもしれな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月19日

2015年頃読んで、初めてディープラーニングの触りを理解した本。素人向けの入門書としてはとても良いと思います。
ちなみに、ちょうどこの頃に娘が一歳くらいだったので、子供の成長と具体的にイメージを比較しながら読んでました。そして、改めて人間ってすごいんだなぁー、と思ったりしてました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月03日

G検定の推薦図書として読んだ本

後半の方に書かれている人口知能が進化していく過程(予想)が興味深かった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月19日

人工知能の今を書いた本。

ディープラーニングが何かが初めてわかった。
もともとパーセプトロンの考え方が古くからあった。
また、このパーセプトロンを多段にできれば脳に近づくということも想像できていた。
ただ、それをやろうとしてもうまく学習の結果をフィードバックして各入力値の調整ができなかった。
これ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月12日

■日本トップクラスの人工知能研究者である松尾豊氏が、「人工知能」についてザックリ解説している本。
◇メディア等では、よく「人工知能」や「AI」という言葉がもてはやされ、何かと話題になるが全体的な流れを伝えており、素人でも理解しやすく書かれていると思う。
◇これまで2度の「人工知能」ブームがあり、今回...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

人工知能と一言で言っても、何を指してるかよくわからず、大学の授業で紹介されたのを機に読んだ。

人工知能発展の歴史と共に、人工知能を四段階にわけ、それぞれの特徴を説明している。非常にわかりやすかった。

人工知能についての概要を学べることはもちろん、普段自分がどのように物事を認識・習熟していくのか、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月01日

さすが第一人者の著作であり、少なくとも一般向けとしては基本書と言えそうな本。とくに、ディープラーニングがこれまでの機械学習とどう違うのか、といったあたりの説明は抜群の明快さ。

「ディープラーニングの登場は、少なくとも画像や音声という分野において、『データをもとに何を特徴表現とすべきか』をコンピュー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月05日

バズワードになっている人工知能について丁寧に解説してくれている。ディープラーニングとは何か、が一番アイオープニング!難しい話を噛み砕いているので、手元においておきたい一冊!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月02日

特徴表現の獲得が、ディープラーニングで可能になったということ。これが人工知能の大きな転換点。 あえてノイズを入れても浮き上がってくる特徴を掴む。 生物の進化にも似てることが不思議。 できる可能性とSFを冷静に見極めることが大事ですね。 ただ、もっと勉強しないとこの分野は凄い勢いで進んでいくでしょう。

このレビューは参考になりましたか?