【感想・ネタバレ】許されざる者 下のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2016年07月30日

日露戦争前後の日本が背景。日本の高揚感、世界から見たときの滑稽な姿。登場人物がそれぞれ大粒。恋愛関係がみんなうまく収められているところが何とも面白いというか、かっこよすぎる。特に「組の姐御」。照葉樹林を見に紀州に行きたくなります。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月01日

おもしろいなあ.いわゆる「大河小説」である.森宮(新宮)の人々を中心に,毒取る(ドクトル)こと槇医師を主人公,日露戦争を背景として描かれた人間模様.人物描写があっさりしすぎているような気がしないでもないが,物語が主人公と言ってもよいので,これはこれでよし.また,戦争はあくまでも背景で,これも詳しく書...続きを読むきすぎると坂の上の雲になってしまうので,これもこれでよし.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月18日

日清・日露戦争のあたりの紀州。ドクトル槇を中心にさまざまな人々が次々と言いたいことを語っては去っていく。周り灯籠みたいな印象で、小説の最後も終わった感じがしない。まちも生活も続いていく。
最初は話に入っていけなかったが、途中からグングン世界に引きずりこまれ、ぶん回されて放り出された。一つ前に読んだ「...続きを読む小さいおうち」と時代が近いことを思ったが、世界は大違い。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月29日

戦争に反対していた「毒取る」槇は、脚気に苦しむ兵士を助けるべく医者として戦地に赴く。
そこには、脚気について誤った主張・治療をしなければならず苦悩する森林太郎(森鴎外)がいた。

森宮に帰国後、槇はもとの生活にもどるが、
そこでは社会主義運動が広がり始め、怪しげな空気に包まれていた。
槇は、はからず...続きを読むもその騒動に巻き込まれてしまう。




上巻を読み終えた後、本書の題材である「大逆事件」について少し調べてみました。
槇のモデルとなった医師は、大逆事件で無実の罪で処刑されています。
だからきっと、「この物語も悲しい結末をむかえるんだ」と身構えて読んでいました。
しかし、最後まで読んでいくと、槇は想い交わしていた永野夫人と結ばれます。
二人で海外に移住します。
ハッピーエンドなのです。
「永野夫人」という存在は創作なので、この時点で史実とは一致しないのですが、
槇のモデルとなった大石誠之助が悲しいおわりを迎えているというのに、
こんな幸せな結末って、アリなのでしょうか。
史実を題材にした物語なのに、こんな真逆な終わり方なんて・・・。

もっと鳥子署長がイヤな感じで槇にからんでくると思ったのに、あっさり身をひいたしな。

納得がいきません。


「大逆事件」のこと、あまり調べないで読めば、
もっと違う感想をもっていたかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

「歴史・時代」ランキング