【感想・ネタバレ】その女、ジルバ 1のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

このページにはネタバレを含むレビューが表示されています

ネタバレ購入済み

浴衣姿

masha 2018年11月26日

1〜2巻が無料お試しの時に読み、結局に全巻買って一気に読みました。全巻読んだ後にこの1巻の浴衣姿のジルバママの笑顔のシーンに号泣してしまいました。そしてくじらママの「踊って転んだら笑ってそれで80年よ」の台詞の深み。モンキーパトロールも大好きでしたがまた有間先生の世界を堪能しました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ無料版購入済み

ドラマ化

2021年12月07日

主人公の笛吹新はスーパーマーケットの倉庫で働く40歳の女性。
数年前まで売り場に立っていたが通称姥捨山と呼ばれる支店に回されて裏方として働いている。
仕事もプライベートも下り坂で希望が持てず一日一日老いていくだけの毎日を送っていたある日、飲み屋街で40歳以上のホステス募集の貼り紙を発見。
時給...続きを読むも2000円と高かったため意を決してお店に入ってみる。
マスターらしき高齢の男性に若すぎると断られるがくじらママと呼ばれる女性のアシストによって見習いとして働く許可をもらう。
そのお店、OLD JACK AND ROSE は従業員もお客さんもほぼ中高年という場所なのか普段は世間的におばさん扱いされている新もここでは小娘、もしくはギャルとして扱われる。
そんな新鮮な周りの反応に少しずつ心が若返っていく新。
それは倉庫で働いている時も気持ちに変化をもたらしていったのだった。
この店は元々初代ママのジルバが作ったキャバレーのような場所で現在ホステスとして働いている従業員達もかつてはダンサーだった。
そして新はマスターやホステス達からジルバの事を聞くうちに彼女のことに興味が湧いてくるのだった。

ドラマが見たいと思った時には中途半端な所まで放送が進んでいたため結局見れなかったが原作があると知って読めてよかった。
続きが気になる作品だった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

40歳

1月のクリスマス 2021年12月04日

40歳独身女性が人生を変えていく物語。
デパートから姥捨て山と言われる倉庫勤務に追いやられるが高齢女性ばかりのバーでバイトして明るい性格を取り戻していく。
ブラジル移民の日系人と震災後の福島の話をうまくリンクさせている。

このレビューは参考になりましたか?

「青年マンガ」ランキング