【感想・ネタバレ】ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版>のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年12月11日

能力抜群の5人のスペシャリストの見事な捜査、ここに始まる!ST初登場編新装版。
史上最強の科学捜査部隊、第1の事件!

多様化する現代犯罪に対応するため、新設された警視庁科学特捜班、略称ST。繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と断定したが、ST青山は一人、異を唱える。プロファイリングで浮...続きを読むかび上がった犯人像の矛盾、追い詰められた犯罪者の取った行動とは。最強チーム警察小説シリーズ第1作、新カバー版。

2013年スペシャルドラマ化
2014年「ST 赤と白の捜査ファイル」として連続ドラマ化
2015年上記タイトルで映画化

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年08月09日

赤城、黒崎、山吹、青山、結城 翠という個性豊かな天才がそれぞれの特殊技能を活用し、事件を解決に導いていくシリーズものの第一弾。事件自体は、主人公サイドとは別の視点があるため、それが犯人であり、手口自体は大体読めたが、特殊な技能を用い、解決していくのには爽快感があった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月01日

初・今野敏。ドラマから入ったけどやはり原作は完成度が格段に違うと感じた。そんなんわかるかい!というミステリーとは違い、読んでいるうちに自分でもなんとなく筋が描けてくるように書かれているのが入り込みやすくさせてくれる部分かと。STシリーズのみならず、面白いと評判の隠蔽操作などにも手を伸ばしてみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月03日

前にドラマやってたなぁ。。っていう感じですが実際は見ていなかったので、先入観なく読めました。
なかなかキャラが立ってて面白いですね。
CSIみたいな話かなと思ってたら、全然科学捜査はやらないっていう意外な展開でしたw科捜研ものじゃないの?っていう・・。
入浴用リーダーで読んでたので時間がかかってしま...続きを読むったんですがw作品自体は短いですね。わき役というか敵役のパーティも後を引きそうな残り方なので、この後のシリーズを読んでみたくなりました。もう一冊後のシリーズを積んでいるんですが、初期作品も読んだ方がいいかなぁ。。と思ってます。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白かったです

こさうさ 2020年02月23日

さほど知らずに読んでみました
読みやすく、サラサラと読めて面白かったです。
途中で携帯電話とか登場しないな?
と思いながら読んでいましたが、読み終わってから1998年の作品だと知って納得。
でも、十分に楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月13日

STシリーズは『為朝伝説殺人ファイル』から入った。STが捜査現場で初めて活躍する本書は、各キャラクターの特徴を読者に印象付けようという思いが伝わってくる。アメリカの巨大企業のボスが日本進出(支配)を狙って、日本国内の中国マフィア間の抗争をさせようとするが……青山のプロファイリングが最終的には解きほぐ...続きを読むすが、もう少し早い段階で可能性の一つとして捜査本部で情報共有できるのでは? と思わないでもないが、司法警察官と警察行政職員との確執を考慮してのことなのだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月22日

有能であるがゆえに変わり者集団の「ST」。
書き込みは足りないけどエンターテイメントとしてテンポよく読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月08日

警視庁科学捜査班STシリーズの第一作だ。このSTシリーズの中でも、この第一作目は、内容が濃い。おそらく一番面白い。犯人像の分析で、青山が活躍するが、彼だけではなく、超聴力の翠や武術の達人の黒崎の活躍が凄すぎる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月28日

警視庁の科捜研において新しく発足した科学特捜班、通称STの活躍を描くシリーズの第1話。STのメンバーは、個性的な面々の天才科学者5名と天才ではないが若いながらも警部のキャリアである百合根キャップ。STは警察官ではないが、捜査本部に加わり、専門家として捜査に協力する。捜査本部の菊川警部補とは当初反発し...続きを読む合いながらも、徐々にお互いを認め合うようになっていく。ストーリーも申し分なく、とても面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月28日

はじめはキャラクターがマンガチック過ぎるのが嫌だったが、話がシンプルでスッキリ読めたので気にならなくなった。
あっさり読めるので続きも読んでみる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月11日

警視庁科学捜査班、略称STの警察シリーズ第一弾。
ユニークで強烈なキャラ揃いのチームなので
頭で想像しながら読み進めた。
シリーズは全部読破しようかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月16日

ドラマを見て購入。
個性的なSTのメンバー。それぞれの知恵が重なって答えが導かれていくようで好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月26日

「ST警視庁科学特捜班」

面白い!映画になったみたいだから有名みたい!このシリーズ!

様々な特異体質を持った科学特捜班のメンバーがその体質と知能を駆使して事件を解決!

まだまだシリーズ続くので楽しみ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月07日

楽しかった。いつも通りの登場人物の解説文すら気持ち良く、来た来たと前半を読んだ。
疑わしい人物も出揃ったところで、犯人を考察させるヒントがチラチラと出てくる。あとは最後まで一気にページをめくらさせて終わり。
色シリーズより楽しめた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月28日

珍しくドラマ→原作という順で入った本。藤原竜也さんの「赤城左門」と岡田将生さんの「百合根警部」も素敵でした!是非、シリーズ全巻読みたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月24日

2014/11/24
ドラマSTにダダはまりしたので、むかーし読んだ原作をもう一度読んでみた。
全然覚えてないけどドラマのスペシャルがこの話なんだね。
1998年の作品だから留守電がマイクロテープだったり携帯が普及してなかったりします。
我が家の留守電は今もマイクロテープですけどね。
そんなだからド...続きを読むラマでは結構大胆に現代風にアレンジしてラインみたいなので連絡取ったりしてたね。
青山翔が女の子になってたり。
小説では赤城左門がさほど出てなくて驚いた。
ドラマでは犯人の動機の部分が全く違うものになっていたので少々無理があったりしたけど、軽妙さではドラマに軍配。
この本ではとにかく赤城さん出てこないから。
シリーズ重ねるとそうでもないのかな?
この事件に関しては、ドラマでアメリカのマフィアとか大胆に消したのはよかったと思う。
他の話も気になるしまた読もう。全然覚えてないし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月12日

最初、登場人物が判りずらかったが、特別技能者の五人の凄さに引き込まれた。しかし、急にプロファイルされて展開されるのも?かな

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年09月26日

小説のがドラマより面白いよと言われて読んでみましたん!

ドラマにはドラマの
小説には小説のよさがあるかも!!

小説では、赤城さんの独断というより、
全員がちゃんと、活躍してる
感じがして、おもしろいなーと。

話の内容うんぬんより、
キャラが魅力的で読める感じかな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年09月01日

ドラマ見てたので読んでみました。初今野作品。結構読みやすいし面白い。
ドラマのほうがキャラクターが際立っているけど、原作は少しおとなしめ。それでも個々の特殊能力が生かされて、犯人逮捕につながるくだりは面白い。ただ、ちょっと長いかなー。個人的に中国とか裏の世界の話は苦手なので興味薄。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月07日

おもしろいけど、漫画読んでるみたいな軽さ。
パワーバランスに偏りがある戦隊ヒーローものって感じ。
気楽に読める感じは好きです。
中国人の、料亭経営してるドンみたいな人(名前忘れた)が語った日本人観にギクッとしましたが、刊行の年は1998年。いつの時代も日本人は日本人なんだなあ、笑

このレビューは参考になりましたか?