【感想・ネタバレ】第三世界の長井 1のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月13日

1・2巻とまとめて読んで独特の世界観とギャグに惹きこまれました。
主人公の長井が主人公っぽいことをするために世界がどんどん歪んでいく。誰がそれを望んでいるかもわからないし、誰もそれを止められません。
出てくる敵も味方もフザケたおしているので、世界が崩壊するかもしれないというのに、もうこいつらこのまま...続きを読む滅んでいいんじゃないかなと思わせます。
哲学的なギャグ漫画として、私の中では何度も読み返す漫画です。
惜しむらくは、内容を説明しずらく人に薦めにくいことです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

「理解」できなくても大丈夫

通りすがりの小僧 2021年04月12日

これぞ本物のカオスと言っていいのかもしれません。

何回も読み返しましたが作者のながいけん先生が伝えたかったことを噛み砕いて吸収できたという自信はほとんどありません。だが、それでいいのかもしれない。この作品は話が進むに連れ世の中の常識や因果律がガラガラと崩壊していきますので、途中で「あれ?この部...続きを読む分が理解ができないのは私の読解力が無いせい?」などと悩まなくて大丈夫。理解できなくていい。めちゃくちゃになっていくすべてに身を任せて長井ワールドを堪能してください。

このレビューは参考になりましたか?

知らずに読んで慟哭した

ボナベントゥーラ 2018年09月14日

テイストが変わってなくてすぐにわかった。これ、チャッピーとゆかいな下僕どもの人だ。生きてたんだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月15日

クレイジーな文字列と1コマ後すら予想できない展開と無闇に散りばめられた伏線と爆笑の渦。上級者向けとの宣伝だけど、いつもの最高すぎるわいのながい先生ではなかろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月15日

「モテモテ王国」の作者の漫画。
序盤からの突っ走った意味不明っぷりに何度も笑いつつも、終始出てくる普通の帽子少年から、何やらよろしくないシリアスな裏事情を感じ、そこが気になってページをめくってしまう。
続き楽しみ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月14日

これはすごい。ギャグ漫画なのかストーリー漫画なのか。ともかく、カオスの淵にある作品であることだけは間違いない。本の帯に「ながいけん上級者編」とあるが、看板に偽りなし、まさにそうだな。最終的にちゃんと安定解を出してくれることを期待して…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月07日

『神聖モテモテ王国』という伝説のマンガを知っているか?

奇才・ながいけんの描く、日常系の走りとも言えるギャグマンガだ。

ちょっと説明が違うかもしれんけど、そういうことじゃよー。

ナオンを狩りにいくんじゃよー。

そのながいけんの、上級者向けマンガ。

というか、刊行当初、まったく気づかなかった...続きを読む。ああ、言われてみれば、ながいけん先生だ。

きづかなかったんじゃよー。(モテモテ王国の作者)って書いておいてくれよー。

上級者向けすぎるんじゃよ。

このままじゃナオンエントロピーの増大はニュータイプ理論の破綻によってもたらされる永遠の安寧を約束するがごとく約三倍の質量をもなった動作を可能にする彗星のごときものになるんじゃ。色は赤い。実は三倍もない。

わかる人にだけ届け。

作品そのもののコンセプトはすごい。すごすぎる。着地点さえちゃんとあるのであれば、それが当初から用意したものであれ(それは無理だろうが)なんであれ、すごい作品になる可能性を存分に秘めているといっても差し支えないんじゃよ?どうじゃ?

わかる人にだけ届いて。お願い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月24日

厳しい。

ギャグマンガだと思いつつも、背景からサスペンスやSFめいた雰囲気もちらほらつき、自分はどんな気分で読んだら良いのかもうひとつ飲み込めません。
要所に挟まれるギャグは絶品です。
落ち着いてギャグを楽しめなかったというか。

このレビューは参考になりましたか?

「少年マンガ」ランキング