【感想・ネタバレ】ドナウの旅人(下)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年07月07日

遂にドイツから始まったドナウの旅が終わった・・・という感じで、上巻から始まり、すごくはまりました!

今では自由に往き来できるヨーロッパの国々も、この作品の時代は厳しい出入国審査があり、共産圏である東ヨーロッパでは自由に旅もできない。
麻沙子とドイツ人の恋人シギィ、母親の絹子と愛人の長瀬、二組の旅人...続きを読むがドイツからオーストリア、ユーゴスラビア、ブルガリア、ルーマニアと、ドナウ川を旅をする姿が、ドナウに沿ってだんだん色濃くなる共産圏の国々の時代背景と共に描かれているのが、この物語を一層魅力的にしているなと感じた。
旅の途中で出会う人々の背景も、限られた中で端的に描かれていて、登場人物全員に興味が沸いた。

凄くはまる作品だった。
しばらくドナウロスになりそうです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月02日

私もドナウ河に沿って旅をしたことがあった。だから題名に惹かれてこの本を手に取ったのだけど、微妙な感情の機微の表現に圧倒されてしまった。題名以上にインパクトのある話だった。

ずっと続く散文的な展開が、ドナウ河を思わせるよう。ドイツからルーマニアまで流れていきながら、ついには黒海に注ぐ水の流れ。なんと...続きを読むなしに各地域における河の太さや存在感が、話の展開にも比例していた気がする。

それにしても宮本輝が描く女性ってなんでこんなに魅力的なのでしょう!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月25日

前から気になっていたこの本をついに読み終わりました。
冷戦終結前の時代に、ドナウの源流から終わりまでの長大な旅。現代とは比べものにならないくらい大変な旅だと思います。
物語の最初のうちは、これはマサコの物語なのかなと思ったけれど、意外とすぐにシギィとの再会と婚約があり、そして長瀬目線の語りが入ってき...続きを読むたときにこの長大なお話が本当に始まったように思いました。
それぞれの国の様子、そこで出会う人々、それぞれが魅力をもっていて、そして4人の旅に大きな影響を与えます。
ドナウ好き、そして、宮本さんファンの自分としては本当に読み終わるのが惜しい物語でした。
またいつか再読したい一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月11日

15年以上ぶりに再読。
学生のときに読んだが、まったく記憶に残ってなかった。
再読して納得。
異国の地を踏んだこともない二十歳そこそこの自分には、この本は非現実過ぎて印象に残らなかったのだと思う。

異国での生活も僅かながら経験し、歳も重ねた今再読して思うのは、なんと壮大な小説を若い時期(お...続きを読むそらく30代の終わり)に書いてるんだろう と。

著者は河3部作を書いてるが、日本における川とドナウ川は同じ川であっても人間の使い方がかなり異なる。
古代ローマ時代から現代においても国境としての役割を果たしているドナウ川。
そのドナウ川に沿っての旅という、でっか過ぎるとも思える設定でどうやってまとめあげるんだろう とも危惧したがなんともみごとな物語でした。
川に沿った風景、そしてそこで生活する異なる国の人々の営みをみてみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ドナウ川沿いを切実に旅したくなった。

大河の悠久の流れに、母と娘、愛し合う者達の人生が
ごーごーとうねりをあげて絡んでゆく。
川の音とシンフォニーが聞こえてくる。

川の流れと人生とは、かくも添い合える性質を含んで
いるものなのかと心深く感じ入った。

ヒロインの旅がドナウに沿って進んでいく。
...続きを読むが進むごとに、大切な人々との関係が深まり変化
してゆく。
その表現が巧みだ。

私はこの小説が大好きだ。


※上巻のレビューもこれに準じます




このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月11日

ドナウ河に沿った旅もいよいよ終着。
道中様々な人と出会い別れる。
そして突然の死。

道雄は人生をやり直すことができるのか。
麻沙子はシギイと国境を越えた愛を成就することはできるのか。
黒海の港町で物語は終わり、その後の展開は読者に任せられる。
でも、きっといいことに収まるのだろう。

久しぶりに読...続きを読むんだ本書。
記憶していたものとは全然違っていた。
人の記憶は頼りない…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月06日

4人でドナウの先までついにたどり着いた!途中からもしや…と予感していた絹子の死がやはり起こってしまって切なかったが、やはり年齢差や借金や不倫?である2人が結ばれるにはこんな結末しかないのかもしれない。
それにしても人間のあらゆる感情を見ることができたし、物語は壮大でロマンチックで、読み応えがあった。...続きを読む共産主義圏や普段なかなか行けない国の更に田舎の村の人たち、なぜか皆温かく、人間は世界中同じ生き物なんだなぁなんて当たり前のことを思ったりした。ドナウ河に沿った旅をするなんて、どう考えても金銭面や時間や言葉や…ハードルが多くてなかなか現実にはできないことだけど、そんな美しい旅をいつかしてみたいものだと思う。心の琴線に触れるなにかを感じたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月30日

再生の物語。「悪いことが起こって当たり前。いいことがあったら不思議だと思って、大喜びするのだ」時代や風土や民族が違っても人間はみんな同じ。願わくは幸せになりたいという点において。見栄や自尊心にだまされずに、他人を愛する。長い長い旅の先に何が待ってるのか知りたくて夢中で読んだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月23日

ドナウの如く、読み応えのある小説でした。異国でも、とりわけ共産圏を主な舞台としているため下巻はその社会性に圧倒されながらのめり込むように読んでしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月10日

ドラマ観てから読んだので、ひたすら佐久間良子の呪縛から抜けられず。しかも高校生ぐらいだったから、正直良くわからなかった。面白かったのは覚えてるけど。要再読。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月31日

ドナウ河に沿って長い旅をしている過程で、様々な人と出会い経験を積むことによって成長し、変化していく様子が自然で引き込まれた。
登場人物たちも個性溢れているし、ヨーロッパの情景が思い浮かぶような文章に浸れました。
この作品や『深夜特急』のような作品を読むと、自分も長い旅をしたくなってくる。
とても無理...続きを読むだけど……。
この作品の頃と、現在では東欧の政治情勢も代わり、ブタペストなんて今では人気の観光地になっているけど、現在に置き換えると少し味気なくなりそう。
当時の共産圏だからこその味わいもあると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月30日

麻沙子が、イケメンで男っぽいシギィと、見た目はともかくも穏やかで問題解決能力の高いペーターとのあいだで、内心揺れてしまう気持ちはよくわかる。

どちらを選択しても、後悔する人は、無い物ねだりをして後悔するでしょう。

でも、どちらを選択したとしても、幸せにはなれる気がする。

読中、海外の作家の翻訳...続きを読む本を読んでいるかのような、不思議な錯覚を覚えて面白く感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月22日

昔の本っていうだけでなんか読みにくいんじゃないかという抵抗感が読む前に少しあったけど、読み始めたらそんなこと全然なかった。

ドナウ川を主人公の女性と婚約者、主人公の母とその愛人が共に旅行をするお話。

読んでいる間、私もんなんだか旅行に行ったかのような錯覚をしたし、沢山のドラマがあって、本当に楽し...続きを読むかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月02日

若い男と出奔した母親を追いかけて、ドナウへ向かった娘とその恋人4人の旅を追ったお話し。色々な出会いを経て、ドナウの果てへとたどりつく。人物描写がとてもよくて、母親の絹子の変化が特に興味深かった。娘の麻沙子は若干こんな人いるかしら?な日本語を話してたけど、知的な美人ぷりを発揮していて、私も真似して思わ...続きを読むず声に出してせりふを読んでみた・・・。
話の筋はわりと予想ができる感じだった。ドナウ川ってなんでか常に死のイメージがつきまとっている気がする。日本人はドナウを舞台にした小説が好きなのは気のせいかな。そんなこと言ってる私も一度は行ってみたい気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月06日

長い旅だった。
2組の男女が旅の中でぶつかり、寄り添い、葛藤しながら気づいていく様々なことが楽しく読めた。

ドナウ河に沿って旅をするという設定も浪漫があって好きだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月24日

長い長い旅で、
全員が 成長しました。

この先どうなるんだろうと気にはなりますが、
読後感は スッキリかな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月21日

半年にわたる長旅が、ついに終わってしまいました。
麻沙子が母を追いかけドイツまでやってきてから、もうこんなに長い時間が経っていたのですね。
本を読みながら私も一緒にドナウ河を旅した気分になりましたが、その土地その土地で出会った人々の人柄にとても心温まりました。
旅先の素敵な出会いに乾杯!
東欧の共産...続きを読む主義事情も初めて知りました。
ちょいと怖いなぁと思いましたが、ブダペストに行ってみたくなりました。
どの街も素敵なんですけどね!

最後は、ただただスリナの朝日を見ていたい…。そんな思いに駆られました。
半年間、本当に色々なことがありましたが、この朝日をみるべく旅をしていたような気がします。
絹子の死は呆気なかったけれど、悲しいというより美しいなぁという余韻が残りました。

なんだか、長いようで短い旅でした。感慨深いです。

旅って、いいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月22日

ステレオタイプな出だしですが、だんだん惹かれてくる作品。宮本輝はあまり好きじゃないけど、この作品は面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月08日

2011.1 再読
最初に読んだときは、絹子が嫌で嫌でたまらなかった。置いていけばいいのに。放っておけばいいのに。何度もそう思ったっけ。再読では、それほどに感じなかった。マサコの印象がちょっとかわったかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月26日

旅は続く。ドナウ河のように大きなうねりを川底に伴いながら。マサコは青が散るの夏子の系譜の女性だ。宮本さんの好みの女性に違いない。

このレビューは参考になりましたか?