【感想・ネタバレ】旅猫リポートのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年03月30日

・友達にオススメされて手に取った

・軽やかながらもじんわりと心に響く雰囲気に引き込まれて、バイト行き帰りの電車で一気読みした(号泣してたけど、周りの乗客にはマスクでバレていないはず)
今日ちょうど嫌なことがあって落ち込んでいたのだが、この本を読んだら私のモヤモヤなんてどうでもいいじゃんって素直に思...続きを読むえた。心洗われたなぁ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月04日

泣けた…!
猫と旅をするハートフルストーリーだと思ったのに、最後にまさかの展開。
猫を飼ってる人なら、この気持ちきっと分かるはず。
優しい人柄の宮脇くんと、ちょっと辛口ねこナナ。
2人の温かな友情が、感動と共にジンワリ胸に沁みました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月26日

最初から結末は知ってたから、身構えてというか、そう簡単に泣くもんかぐらいの気持ちで読んだけど、途中からもうぐしゃぐしゃなるぐらい泣いてしまった。
やるせないけどあたたかい物語。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月12日

久々に本読んで泣いた。
病気で後が短いサトルと相棒ナナの旅物語でした。
コースケ、ヨシミネ、スギ夫婦、ノリコ…みんなに愛されるサトルの人柄とナナのサトルを想う気持ちに心温まりました。

「置いていきたいわけないだろう、大好きだよバカ!」
「僕だって大好きだ、ばかやろう!」
のところで涙腺崩壊しました...続きを読むね、、笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月29日

初めて小説というジャンルの本を読んだ思い出の1冊。
温かい物語で最後のページまで読んでほっと落ち着く。
ナナも悟もお互いを想っていて猫と心が繋がるってのが自然に分かる。クライマックスあたりの「大好きだよ!バカ!」「僕だって大好きだバカヤロウ!」のシーンは言葉にしようにも出来ないくらいに好き!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月08日

家族を失ってしまった悟ると元野良の猫ナナ。ひょんな事でナナを引き取ってもらうため、友達を訪ねて、旅が始まる。
悟やナナを巡る出逢いには、常に愛が溢れていた。やはり、猫は悟にとり、大切か家族であり、本当に、猫は飼い主の気持ちをわかってくれるんですよね。実際に。
最後は、もう、涙、涙ですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月11日

自らの生命の終わりを知った男と猫による「終わりにするための旅」のリポート。猫の誇りと人間の誇りの対比の可笑しさが泣ける。10代の頃貪るように読んだ三好達治さんや銀色夏生さんなどの詩人の世界にも共通するものがあると感じた。どうにもならない、だからこそ、だ。の物語。児童書版や絵本版もある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月12日

 福士蒼汰さん主演の映画の原作本。

 主人公、宮脇悟は、ある事情から飼い猫のナナを手放さなければならなくなる。
 ナナを安心して任せられる飼い主を見つけるべく、サトルとナナは銀色のワゴンに乗って旅をするのだが……。

 語彙力がないですが、サトルと、その友人たちの関係や心の動きが、まあ染みるほどに...続きを読む伝わってきます。
 それぞれ事情を持っていて、切なく、悲しみもあるなかの関わりというか、ああ、サトルはいいやつだ。

 あれ、オイラ何でこんなに泣いているんだろう。こんなにも心揺さぶられるって。
 不快ではない。むしろ心地よい思いなのですが、人前では読めないです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月28日

すごく良かった。悟の優しい人柄と、不運な環境の中でも幸せを捉えていく生き方は誰にも真似できるものではない。それに惹かれる周りの人達や、賢いナナの周囲への気遣いが読んでいて心温まった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月18日

最初は大したことないかと思っていたけど、真ん中くらいであれっとなって、最後はまさかの号泣でした。お互いに分かってて寄り添い合う描写がホントにたまらなかったです。有川浩さん、やっぱりすごい。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

猫好きの方には堪りません。

Osamu69 2013年11月18日

泣きました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月16日

タイトルからヘミングウェイの『チャーリーとの旅』という本を思い出して、猫と旅するという本かな?猫好きのひとしか面白くないかもしれない、と後回しにしていました。
とんでもない。猫好きでなくても、こんなに泣かされる話だとは思わなかった(泣)読んでない人はいますぐ読むべし(泣)
ラストに向かって明かされる...続きを読む秘密。でも私はそれ以上に、悟という人間に泣かされました。こんなにも周囲の人を幸せに導く運命を持った悟は、人間に生まれてきて、その本質を全うしたのです。猫にはきっと、そういうことがわかるのです。いや、猫でなくてはわからないのです。人間なんかにはわからない。だから、猫に語らせたのではないだろうか・・・。このところ味わったことのない感情で、読み終わりました。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

猫好きならぜひ!

ぶるま 2013年07月26日

有川浩好きなら是非!
猫好きでも是非!
この猫がまあかっこ良いですよ。
忠犬ハチ公の猫だったらバージョン。
ただ待ってるなんてしないから。
猫ならでは。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by 読むコレ 2013年05月22日

公共の乗り物の中で読まない事。心残りはサトルが素敵な恋をしてたかどうか。せめて一度位はあって欲しかったな。ベタ甘な大家なのにその辺は残念。ネコに全て持ってかれた感あり。そりゃあ、ナナは凄いけどさ^^;

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

反省

ちー 2014年09月24日

電車の中で読んではいけません。いえ、ホントに。私は、涙をこらえて、こらえながらも、どーしても読むことをやめられなくて、本当に大変でした。

以下、ネタバレ

人の死が悲しい涙ではなく。命と命のいたわりと交流と、そして愛情がとても心に響いて、の涙だったように思います。
やさしい、とてもやさしい物語でし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月13日

猫好きにはたまらないんだろうな。猫と人間のコミュニケーションが柔らかく綴られている。サトルとナナが出会ってから最後まで繰り広げる言語外のコミュニケーションがあったかい。後半は涙なしには読めないので、自宅で読むことをお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年12月27日

サトルがなぜナナを手放す必要があったのかは悪い予感として何となく感じ取れたが、実際にその通りに話が進むとなぜこんなに素敵な人がと涙がこぼれた。しかし人(猫)を愛し、愛されてサトルは幸せな人生だっただろうとも思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月22日

特に猫好きではなく、犬の方が好きだけど、とても愛らしく心揺さぶられました。有川さんらしい優しいお話でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年09月06日

愛猫との旅。

野良猫だった猫のななが、怪我をきっかけにサトルの家族になった。

病気を理由にななを手放すことを決心したサトルとななのドライブ道中。

小学校、中学、高校大学とそれぞれの友人との再会。
子供の頃に両親を事故で亡くしたサトルだったけれど
当時の猫のハチとの思い出、互いに助け合った友情に...続きを読む支えられて前向きに生きてきた。

自分を育ててくれた不器用な叔母との再会と、
残された時間をななと一緒に過ごしたこと。

有川さんの小説はあんまり読んだことがないので、印象からすると、重松清さんみたいな雰囲気だったなあ。

人間が動物を見送るのが一番良いのだろけど、サトルが先に死んでしまってもななを世話をしてくれる人がいて良かったよ。

小説を読んで感動したとかはないけれど
自分が今まで出会って看取ってきた実家の猫たち二十数ひきを数えていたら悲しくなった。

動物との出会いと別れは一生の宝だね。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年08月17日

日々ねこのように過ごしているから猫の本を読みたくなって読んでいるんだけれど、
そう簡単に猫にはなれないと思った。

猫がそこまで好きじゃなくて、かといって犬派でもなく、動物と仲のいい人を見ると、どうやってそんなに仲良くなるんだろうなーと思う側の人間だけれど、なんだか少し共感できた気がした。

猫って...続きを読む、その体温以上のぬくもりと、ペット以上の親近感を感じる、不思議な生き物だなーと思った。
猫との思い出がよみがえる本だった。

このレビューは参考になりましたか?