【感想・ネタバレ】小説 ちはやふる 中学生編(2) のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年05月29日

新のお話。ちはやふるの中で 1番好きな新。漫画の中の新は、天才肌で ぶれずに 一途で かっこいい。でも、中学生時代は、本当に悲しい時期。最愛の祖父との別れ。プラス 祖父のライバルとも、別れを体験してる。それでも、新は、一途にぶれなかったな。
本編での由宇ちゃんの存在は、新ファンにとって、気になりまし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月23日

漫画ちはやふるの小説版第二弾。
綿谷新の、東京から福井へ戻ってからの話。

新と祖父、幼馴染との日々。
漫画に出てくるキャラクターもちらほら出てきて、ちょっと得した気持ちに。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月16日

中学時代の新のストーリー。

病気の祖父を元気づけたいがゆえのプレッシャーと、理想のかるたに近づけない焦り、進行する祖父の病、介護疲れ、いろんなものと闘いながらもかるたを続けようとした過去の葛藤を知ることで、孤高の存在である新の強さの基盤が見えたような気がします。

原作だけでは気づかない、幼馴染の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月28日

小説ちはやふる第二弾は、新の福井編。
小学校卒業と同時に福井へ帰って行った新の物語。

大好きで、尊敬していた祖父の介護を進んでやり、よくなることを信じていた新が切ない。
本編で見せられた新の記憶の断片が、見事に繋ぎ合わされてこの小説になったこと、ちはやふるファンなら疑うべくもないだろう。
そして、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月23日

小説って大抵さらっと読めてしまうのに、とてもじっくりと読むことのできる文章でした。ストーリーは切なくて、新の葛藤に一緒に心を痛めながら、一生懸命な姿を応援し、それでもお互いを思いやる人間関係に、温かさを感じました。こんなに、ひとつひとつの意味を考えながらかるたをしたことがなかったので、佐藤先生と綿谷...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月14日

漫画では描かれなかった綿谷新の中学時代!
とまどい、傷つき、それでも前へ踏み出す青春!

小学校卒業と同時に祖父の介護のため、地元・福井に戻ることになった綿谷新。「かるたを続けてたら、また絶対会える」
遠く離れたかるた仲間の千早・太一と交わした約束を胸に刻み、新は永世名人である祖父の「かるた」を再現...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月28日

福井の新編。

予想はしてたけど、新の中学時代は、ほとんどが介護の日々。
本当に、辛かったねぇ…
中学生で家族の介護をここまで背負う事は、普通なかなかない。それを進んで引き受ける姿に、改めて新の祖父への愛情の深さを感じる。

現代の中学生は、老いと身近に接してさえいないだろうから、1巻のように読みや...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月11日

『ちはやふる』の、
中学生編ノベライズ全4巻の2作目です。

原作(漫画)は、
プロローグ的な小学生編の後(卒業後)、
離れ離れになった中学生編をスルーして、
本編の高校生編がスタートしましたが…、

スルーされた中学時代のエピソードには、
本編にも重要な影響を与えたものも多く、
本編で断片的に語ら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月12日

最初、マンガの本編と、物語進行のテンポが違うことや、登場人物のセリフが違う(日本語としてかなり整備された言葉遣いになっている)ことが気になってしまったが・・・だんだん引き込まれていった。
それに、マンガではよく分からなかったカルタの技(例えば「渡り手」)などがどんなものかも、しっかり説明されていて、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月16日

1巻がイマイチだったので、、期待しないで読みましたが2巻は良かった!
新とじいちゃんのかるたへの思い、マンガではチョイ役だった由宇が新を支えてくれてたんだってところが泣けましたー。
・゜・(ノД`)・゜・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月15日

ちはやふるの世界は深くなるけど、切なくて重い。
どれだけお爺さんを敬愛していたかが、痛々しく伝わってくる。
『ちはやふる』を知らなくても介護テーマとしても読める良い小説だと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月13日

コミック20巻を読む前に読むと、キャラの理解に深みが加わります。
コミックでは描かれなかった新の中学生時代。祖父との関係、幼馴染みとの関係などが描かれています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月24日

明るい展開になったと思ったらすぐ暗い展開になり・・・重たい作品でした。
そんな中でも前向きになろうとする主人公の姿もさることながら、
それを支える周りの人(特に主人公の幼馴染)の献身的な姿に感銘を受けた。

1巻と大きく異なり、曇り空の中で物語が進んでいく感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月10日

幼い新の苦悩と成長が丁寧に書かれた作品。由宇がいてくれて本当に良かった!おじいちゃんに見守ってもらえている暖かさを常に感じます。本当に大好きだったんだなぁ。

私事ですが、私もきっとおじいちゃんおばあちゃん子。おじいちゃんがいなければ囲碁と能に関わる機会もなかったな…。
「お前が生まれてきてくれた事...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月23日

小説版第二弾は新の中学時代エピソード。
一時期かるたを断った新に何があったのか、漫画本編には描かれていない部分が書かれています。

新と祖父、新と佐藤先生、新と由宇の交流。
新の心情がすごく伝わってきて。切なかったです。
原作ファンを考慮した締め括り方がとってもよかった。

原作にあったシーンも上手...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月20日

二巻は新の中学生編。
マンガでは断片的に描かれていた新とおじいさんとの話が一冊にまとめられていたため、とても分かりやすく、新に感情移入できた。

欲を言えば、おじいさんを亡くしてから立ち直るまでの話も読みたい。マンガでは千早たちメインのため、詳しくは語られていなかったので。

おいしいポジションだっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月16日

またもや借りました。

またもや号泣><

今回は新くんの中学時代の話

名人だっただいすきなおじいちゃんが倒れて介護してまた倒れて認知症になって・・
もうかわいそうすぎて泣ける

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月16日

中学生でこんなにかるたや家族のことで真剣に向き合えるなんて、新くんすごいなぁと思いました。ちょこちょこと出てくる福井弁や恐竜博物館といった福井ならではのエピソードに、心温かくなりました☆

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年10月15日

新君が福井に帰って、祖父の介護・祖父のライバル・
幼馴染の由宇ちゃんとの話が描かれた巻。
漫画ですっ飛ばされた所なので、ようやく登場人物の
肉付けができたなという感じでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月28日

コミックス20巻の前後に読むと、本当にすとんと心におちてくる物語です。
新(あらた)の「清々しいまでの集中」力が、どんな情動を越えて生まれたのか、よくわかります。
尊敬する祖父の心が病気にむしばまれて行くのを見守る悲しみに、新(あらた)の心が悲鳴を上げているとき、幼なじみが、競技かるたにつらなる仲間...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?