【感想・ネタバレ】鍵つきテラリウム(1) のレビュー

書店員のおすすめ

人類が衰退し、荒廃した世界を舞台にしたディストピアファンタジー。

滅びゆく世界の中で、生き残った数少ない人類は、【アルコロジー】と呼ばれる完全環境施設でのみ生きることが許されていた。しかし、【アルコロジー】の機能が少しずつ低下し、人類は確実に滅びの道を辿りつつあった。そんな中、“調査技官”のチコとその弟のピノはその原因を探す旅を続けていた。 
その旅の過程で描かれている、懐かしい見た目のロボットや、朽ちゆく建物と自然の調和、寂れた遊園地など、どこか切なさを感じさせる描写がこの作品の魅力です。
また、人類滅亡の道へと着実に進んでいる鬱々とした世界のはずなのに、希望を捨てず旅を続ける姉弟のおかげで温かい気持ちにさせてくれる、そんな作品です。

ユーザーレビュー

ネタバレ購入済み

感動・終末ものが好きにオススメ

ウサギ 2019年08月28日

今の文明よりも発達したが一度崩壊を迎えた世界で姉弟がある捜し物の為に旅をする話。物語の主題が決まっていてそれを目指しているので今は謎ばかりですがそれがどう明かされていくのか楽しみです。1巻では姉にロボットの整備技能がありそれを用いて鍵といわれるものの完成を目指していること、世界観のあらましが語られま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月28日

 廃墟作品を検索していて辿り着いた一冊。
 遠い未来の「少し不思議」ではなく「サイエンスフィクション」の方のSF。
 大きな戦争を経て、崩壊したアルコロジー(アーコロジー)に鍵の素材を回収して回る調査官の物語。
 廃墟となった完全環境都市を巡り、生存者・生存ロボとを探し調査していく。

 人々が死に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月22日

本屋でジャケ買い、①②一気読み。
終末ものが好きだから。

全貌はまだよくわからないが、切なさは感じる

このレビューは参考になりましたか?