【感想・ネタバレ】3×3EYES(1)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年05月23日

愛蔵版のようなものを購入したのですが、その本のページがなかったのでこちらで。

魅力的な世界観と、綾小路編があまりに胸に突き刺さり、ずーっと心に残るものになりました。

そのあとはどうやら世界観がだらけるようで、一切読んでいません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月17日

小学生の頃からハマった作品。
★5じゃ足りない!

不老不死の術を使うとされる三只眼吽迦羅。
その生き残りであるパイが、チベットで彼らについて研究していた考古学者の息子、八雲を頼って東京へとやってくる。
俗世と一切関わることなく暮らしていたパイが
その身ひとつで遠路はるばる彼のもとを訪れたのは
たっ...続きを読むた一つの願いを叶えて欲しかったから。

「ニンゲンになりたい」

その、ただ一つの願いを——。

日本から中国、インド。
アジアの各地を飛び回りながらのパイと八雲の冒険活劇は
今もこの胸をわくわくと躍らせる。

西洋ほどかけ離れておらず、日常に近いようではあるけれど
空中の中階段に一歩上がったような
どこからか怪しげな麝香の煙が漂う
そんな雰囲気が絶えず紙面から流れ出ている作品だった。

強大な力を持っているけれど、
それ故にすぐに眠りについてしまうパイのもう一つの人格「三只眼」
食いしん坊で、世間知らずで、突き抜けてアホの子なパイ
そして、優柔不断で頼りなくて、けれどとても情に厚い八雲。

3人の織りなす物語は、カラフルな魔法の絨毯だ。
その上に寝そべってヒラヒラと、ゆったりしたり加速したり
風に煽られてはらはらしたり。

そのうちに、ぎゅっと絨毯を握りしめて
いつのまにか彼らに同化している自分に気づくだろう。

あるいは私たちの魂は、物語の一番初めに
八雲と一緒に三只眼の中に取り込まれたのかも知れない。


ニンゲンになるための、
長くて険しくて、そして懐かしい旅が、
始まるんだ—―—。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月26日

中学生のころにはまった思い出のマンガ。絵は正直うまいほうではないけど、ストーリーと少年漫画らしさが秀逸だと思う。ドキドキ、ハラハラ、ワクワク全部盛り込まれた良作ではないかな。現在文庫版収集中・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月20日

中学時代ハマってた漫画。
第二部が一番好きだが、全体通して面白い。
後半はダレてる、とよく言われ、確かに勢いは弱くなるが、あのラストに持って行く為には仕方ない。
最後の「我と共に生きよ」はいつ読んでも目頭が熱くなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月25日

高田の描くオンナノコは可愛い。変な艶っぽさがなく安心して楽しめる。この作品は設定も面白かったですね。伝奇SFとでも言いましょうか?妖魔同士の熾烈な戦いも面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

今でも何回も読み直すほど名作。
個人的にこういう冒険譚が好きなのもあるんだけどね。
八雲の成長が楽しいと思えるのは私だけでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

おそらく私の中では世界一の漫画。魅力を挙げればキリがない。とにかく読んでみるべし。
・・・全くレビューになっていない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

(1〜40巻について)
長い作品です。非常に壮大で面白い作品ですが、途中でグダグダになる部分があります。しかし、グダグダ感は途中で消え、そこには感動のラストが待ってます。お勧めです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

三つ目の少女と、彼女によって不老不死の妖怪にされてしまった青年が普通の人間になるため妖怪と戦うというお話。全40巻で完結しました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月12日

全40巻の長編ファンタジー漫画。2002年に完結した。他人を1人だけ『不死』に出来る三つ目の妖怪(♀)と、不死にされた主人公(♂)の物語。2人共只の人間になることを望み、その術を探す旅に出る。

自分が小学生くらいのときからやっていた漫画で、今ほどエロが氾濫していなかった当時にしては結構過激な描写が...続きを読む多く、そういう意味で変な人気があった。しかし、最初から完結までしっかり通ったストーリー構成や魅力的なキャラ設定など、実に良く出来た漫画だったと思われる。途中からワープゾーンが出来て、あんまり旅っぽくなくなってしまったのは若干残念ではあったが、それでも最後まで面白かった。

「不幸の表れは破壊なれど、破壊の根本は幸福の追求ではないのか?」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月28日

あまり前情報なく読みはじめたんですが、調べてみたら講談社漫画賞受賞してたりいろいろメディア化されてたりですごいですね。まだ終わらないのっておもいながら読み進めて、もう終わるのっておもいながら読み終わりました。ん、おもしろかったですよー。神話とか好きなので余計にハマりました。『BASTARD!!』や『...続きを読むベルセルク』を彷彿とさせます。とゆうか多分影響受けてますよね(三者三様に)。こういった神話をあつかった題材のアクションものはストーリーがどうしても長くなってしまう傾向がありますが、ちゃんと完結してるのでそれだけでも立派です。キャラ的にはベナレスがかっこよすぎなのですが、とにかく声を大にして言いたいのは舞鬼の扱いのひどさについて。個人的には忘れられない一コマ(?)となったのですが、これ巷ではどうなんでしょう。とにかく涙あり笑いありのよいストーリーでした。なんせ、とにかく、長かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

「3×3(サザン)EYES」を代表して。
全40巻。

結構好きなマンガ。
でも、引き伸ばしすぎ感はあったなぁ

****** 再読記録 *******

2009.06.20

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

一気に全巻読んだのでもうあまり覚えてませんが・・・(汗)
これを読破すれば少々のグロテスクは耐えれるようになるかもしれませんw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

中盤まではすごく夢中になって読んでいました。それまでの世界観やストーリーは本当に良い!化蛇の部(第2部?)はすごく切なかった。この作品が今の私の趣味(同人)のきっかけです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

三只眼のパイと不老不死八雲が「人間の象(使うと人間になれる)」を探すたびに出る話。
内容少し難しいですが、よんでいるうちにやめられなくなってしまうマンガです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月12日

全巻読破。全巻購入しましたが厚いので当時本棚の横に積んでいました。パイと八雲も好きなんですが……葉子とハーンをめっさ応援していました。戦闘あり恋愛ありギャグありなんですがちょいグロいかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

3つ目の妖怪を人間にしてあげる旅をする話

ヒンドゥ教的な思想が多くてカタカナが多いから読みづらかったなぁ

終わり頃はもうどうなったかわからんですね

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

途中から展開がマンネリ化してしまってます。
キャラやストーリー等はいいんですが、中だるみがちょい残念でした。
面白いんですが、一気に読むにはちょっと疲れます。

このレビューは参考になりましたか?