【感想・ネタバレ】美丘のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

美丘を読んで

あっくん 2013年11月09日

この物語は原作もドラマもありますが、原作の方が圧倒的に読み応えもあり、深さもあります。私の中ではおそらく一番感動できる恋愛小説です。
たった1人の人と出会ったことで大きく太一の人生は変わり、恋愛観、人としとも大きく成長する過程はとても見どころです。また美丘の生き方は誰もがしたいけど出来ない、美丘だか...続きを読むらこそできる生き方で心の中で燃えている灯火がひしひしと伝わってきます。
ただ自分の将来のために学ぶ場ではない大学という一つの社会。人間関係の葛藤も一つの見どころと言えるでしょう。

何回も読み繰り返しても飽きない石田衣良さんのこの小説はイチオシです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月22日

石田衣良の本久々に読んだけど、やっぱり美しい文章を書かれますね。昔渋谷に住んでいたので情景もハッキリと浮かびました。今のところ2020年に読んだ本の中でベストです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月20日

泣いた。
そうかな?って思うことがあるんだけど、
それが綺麗に思える石田衣良マジック。
ヤコブ病こわい。
残念なのはラストがシュールすぎたところ。
もっとあたたかく終わってほしかった。
石田衣良のSEXの意味がすごい分かった。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

電子書籍で読むべし

みちくさ 2019年10月24日

今連続して2回目を読んでいる途中で思ったこと、物語の始まりはエピローグだった。2回は読むことをお薦めしたい。
それと電子書籍で読む方が良い。
本だと終わりに近づくと残りページでもう終わってしまう事がページをめくっている間に分かってしまう。
デジタルであれば残りのページが分からないようもできる
...続きを読む
突然の最後の1ページに号泣してしまった。
死期は分かっていてもだ。
石田衣良氏の構成と表現力に感謝。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月12日

石田衣良さんの作品は、数年前に「約束」を読んでちょっと苦手かも…と敬遠していました。でも、レビューが良かったからと読んでみて正解。印象としては、約束よりもクセがない、くどくないという感じ?(過去の記憶なので違ったらすみません)ですっと入ってきた。美丘の強さ、主人公の想いのまっすぐさに後半ずっと泣かさ...続きを読むれました。心が通じ合える人に出会えてよかったね…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月03日

何度となく読み返している小説。
設定も結末もありがち…なのに、ずっと涙が止まらない。著者の言葉の選び方、描写の仕方、特に生と性の熱とか豊かさとか、心の琴線に触れてしまう。そう分かってるのに泣いてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月25日

美丘。

美丘、きみはとてもまっすぐで
「いま」を生きているんだね。

時は永遠なんかではないことを
時は平等に与えられてなんていないことを

ぼくはきみに教わったよ。


僕はいったい「いま」をどれくらい生きているんだろう。
心のあるままにどれくらい生きてきたんだろう。


季節は...続きを読む廻る。
けれど、きみと過ごしたあの季節は永遠に廻ってくることはないんだ。

過去とか未来とか今とか泣くとか笑うとか、いろんなことを考えながら読んでいた。そうやって読めるのはいい物語なんだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月26日

高校生の時に手にしてから、何度この作品を読んだだろう。人生の辛い時に自然と読みたくなる。そしていつの間にか手に取っている。
「人を愛する」「安楽死」「愛する人を失う」「人の感情は複雑である」それが何なのか。答えはここにある気がする。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ツル 2017年05月30日

CSTVの再放送を途中までみてしまって、気になって購入しました。またこんな生き方の、少し違うかな、人が身近にいてこの美丘が気になりました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年10月02日

約束を待っている美丘の元に、赤毛にスーツを着て手にはバラの花束と共に太一は訪れる。
その約束は、あまりにもやるせなくて残酷。

読後、冒頭に語られていた言葉に救われました。
”ぼくの胸がきみの墓場なのだ。この心臓が打ち続ける限り、きみはぼくの胸で眠るといい。――中略――
今はできないけれど、いつか恋...続きを読むをしたら、男の胸の痛みとときめきを教えてあげよう。――中略――
最後の心臓のひと打ちがとまるまで、力を尽くして生きる。”


願いがかなえられ、これからも太一の胸の中で生きつづける美丘は幸せなんだと。
そして太一にはたくましく生きていく。そんな気持ちにさせてくれました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月10日

ハッピーエンドではないのに、よかったような。悲しいのに、涙はでてこないような。人が若くして病で最期を迎える時の悔しい気持ちが心に沁みた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月12日

2017.412


悲しくなったら、寂しくなったら、一人に不安になったら、必ず読んでしまうのが美丘です。

何度読んでも好きだし、大切。
今回は以前読んだ時とは少し違った。私もゆっくりだけれど、成長しているのかな。

美丘はこれからも読み続けるんだろうな。
これからも手元に置き続けるんだろうな。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ドラマとは違ったよさ

2020年06月04日

ドラマをみてから原作が読みたくなり本屋に言ったのですが少し表紙で躊躇してしまい電子書籍で購入しました。 原作はドラマのような美しいけど荒々しい感じではなくただただ美し言葉が似合うような感じでした。ドラマは最後は普通の終わり方というかベターな感じでしたがやっぱり小説だからかラストの終わり方はすごいおど...続きを読むろかされました。また読み返したくなる本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月31日

ドラマをみて買った一冊。読むのは約10年ぶり?
初めて読んだときボロボロ泣きましたが、今回も泣けた。
切ない話だけど、暗く悲しいというよりは清々しい切なさ。

今読み返しても吉高由里子の美丘はハマり役だったと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月18日

これほど鮮烈で魂を削られるような恋はあったのだろうか。美丘、研ぎ澄まされたナイフのように鋭く、それでいて、その刃物のように、ほかに変わるもののないくらい綺麗に輝いている。その切れ味に、輝きに魅入られてしまう。
こんな燃えるような恋がしてみたい、素晴らしい小説ですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月06日

出会い、輝き、火花をあげた日々、そして終わりへと向かう切なさ
まるで花火のような物語

ひとつ違うのは、残された人が感じる強烈な余韻

周りを気にせず、今を精一杯生きて、光を放ち続ける美丘とそっと寄り添う優しい太一。
健気な二人の姿
きっと二人が見ていた世界は何よりも美しいだろう

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月07日

美丘。石田衣良さんの不朽の名作。私は小説を読んで泣くことは基本的にはないのだが、自然と涙が溢れてきてしまった。
私は、人間ははある程度遊ぶことに慣れていくにつれて、純愛を経験することに対してもはや難しいのではないか、もしくは純愛を求めることが出来ない精神を持つようになるのが真理なのではないか、という...続きを読む風に考えるようになっていた。そのような中で、主人公の太一に感情移入してしまったのだろう。
悲劇のヒロインでありながら、それをおくびにも出さずに強く振舞い生きた美丘と、それにより自分を根本から見つめ直し、本気で人を愛した太一。恐らく私はその両方に惹かれていたんだと思う。
設定自体は単純化されていて理解しやすく、情景描写は非常に繊細かつ丁寧で、特に季節が進むにつれて頭の中でも独特な表現技法がシミュレートできるようになっていくという、読むにつれて世界観どころか石田衣良さんと共感できるようなそんな不思議な文章であった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月14日

不治の病にかかる美丘と、太一の大学生の恋愛もの。

とても悲しいが、短くも濃い時間を二人で過ごす話で、よくあるパターンかもしれないが、こういうのには弱いので良かった。恋愛ものを読みたい人にはオススメかも。

でも、内容を知った上でもう一度読みたいかと言われると、多分読まないので★4つで!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月16日

恋人が難病になってしまうという切ない恋愛のお話です。美丘が可愛すぎて読みながら恋しそうになります。結末は想像できるのですが、そこに至るまで美丘と太一がものすごく幸せでステキな時間を過ごしているんだと感じました。
ドラマ化もされてるみたいで、動画で見てみたら、美丘役を吉高由里子がやってました。最初は、...続きを読むどうかなぁと思いましたがそれはそれでありだなと思って最後まで見ました。テレビは、原作に比べてだいぶマイルドな感じです。小説の方が良かったのですが、ドラマもそこそこいいなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月14日

切ない恋愛小説が読みたくて選んだ本作。
切ない。切なすぎる。だけど、幸せが溢れている作品。
あらすじは知っていたので、重い内容だと心構えをして読んだけれど、始終優しく温かい雰囲気に包まれていた。それは悲劇のヒロインであるはずの美丘が、そうは感じさせない程真っ直ぐで、強くて、ユニークだったからだと思う...続きを読む

こんな素敵な恋に出会いたいと思える、純粋な恋愛小説。

このレビューは参考になりましたか?