【感想・ネタバレ】GOSICKs ──ゴシックエス・春来たる死神── のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年12月21日

新刊が出るナイスタイミングでようやっとアニメを観たので、原作も角川文庫版で時系列順に。読み返し。
絵がないとちょっと寂しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月27日

シリーズ4作目。外伝短編集第1冊目です。いえーい。笑。ちょいっ、ちょいっ、と謎が明かされていく感じです。九城とヴィクトリカの出会いは?とか、なんで九城とアブリルと仲がいいの?とか、そもそもなんでヴィクトリカはここにいるの?とか。。。時間軸は本編1作目よりも前の話が主ですが、本編を読んでから、この外伝...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月22日

アニメで見たような、見なかったような。あまり印象になかったな。
それでも事件は楽しめたし、久城とヴィクトリカの掛け合いは面白かったな。
途中のブロワ警部が事件内容を久城に話す事で関節的にヴィクトリカに伝えようとする場面はアニメでの覚えがあるのか。脳内で音声付きで目に浮かぶように映像で流れたよ。
久城...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月23日

GOSICKシリーズ読むか!!と初読み。そして解説にて外伝的短編集と知る(°_°)やらかしました。。しかし面白かった。次は是非本編読みます!汗
しかしながら登場人物かわいいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月28日

短編集。本編以前の話。
久城、ヴィクトリカ、アブリルそれぞれの学園に転入してきた様子や、それぞれの出会い。
久城がアブリルにヴィクトリカは女の子だという説明をしているところで、あれ?と思ったら(本編で始めヴィクトリカくんと言っていたので)偽アブリルだったとわかって驚いた。危険だったところを助けてもら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月09日

本編の間に何があったか。
ヴィクトリカと九城が出会う前と出会った時の話。ヴィクトリカ目線のとこはいいね( ̄▽ ̄)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月28日

短編集なのでショートミステリてんこ盛りかと思いきや、ちゃんと本編へと繋がる大事な作品となってる。

途中に今作中では解決させないお遊びパズルを差し込んでくるなど、本編のシリアス感とはちょっと違った世界がある
そういうのも含めてGOSICKという世界観が出来上がってるのだなぁと感じてまとめとする

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月20日

ヴィクトリカと一弥の出会い編。出逢いからツンデレ全開。可愛い。色々とセシル先生のおかげだったのね~。個人的にヴィクトリカは恋月姫さんのお人形のイメージです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月22日

 シリーズを補完する短編集の1冊目である。
 このシリーズのシンプルな推理には短編の方が似つかわしく思われる。後書きでも指摘があるように、この短編集は安楽椅子探偵物の体裁を採っているが、そもそもヴィクトリカ自体が安楽椅子探偵的な探偵であるのだから、この形式がすっぽりハマっているのもむべなるかな、であ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月26日

2011年にアニメ化もされた桜庭一樹の"GOSICK-ゴシック-"シリーズの外伝第1巻。本巻はアニメでは第4、5、12話で放送されました。本巻は長編ではなく連作短編になっています。時系列も1巻よりも前です。本編でもちょくちょく話が出てきていましたが、一弥とヴィクトリカが出会うこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月17日

登場人物に慣れてきたところで
はじまりの短編集。

こうして出会って関係を築いていったんですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月30日

2012-139
ヴィクトリカや一弥、セシル先生、アブリルの出会いの短編集。
短編集だけど全部繋がっている。
本編よりはミステリーの内容は軽め。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月18日

久城くんとアブリルの出会いの話しが面白いです。
こんな出会い方しちゃったら、久城くんのことを好きになるのは理解できるな。
ヴィクトリカとセシル先生の出会いも良かったです。
脇役だったセシル先生が輝いて見えます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月02日

短編も面白かった(^^)というか、こっちの方が好きかも!? シリーズに登場する人達の出会いの話。お気に入りのセシル先生がたくさん登場するので嬉しい♪ ヴィクトリカが一弥の兄に出した謎解きも気になる!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月08日

セシル先生、よいなぁーーっと改めて思った。
久城とヴィクトリア、アブリルの出会いと出会い以前がわかって興味深く、面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月13日

 短編集だけど、ほとんどの話は連続したものでした。
 2つめの話なんかがなかなか予想外な展開になったりして面白かったです。最後の主にセシル先生の視点から書かれている話も良かった。
 あと、馬と驢馬の絵のクイズの答えが気になります。そのうち続きを買って読もうかと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月09日

GOSICKシリーズの外伝。
ヴィクトリカと久城が出会った当初のお話。GOSICK本編1巻よりも前のお話である。


本編を読んでいる人は読んで損のない作品。まだこのシリーズを読んでない人にはあまり薦めないかな。絶対本編を読んでからのほうが、ヴィクトリカの描写が楽しめると思う。

ヴィクトリカと久城...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年10月16日

ヴィクトリカと 一弥の出会い。
外伝ではあるけれど、これと外伝2を先に読んでから
本編に入ると 本編がもっと楽しく読めるように思う。
本編ももちろん面白いけれど こっちのが私好み(^^)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月22日

再読。読む順番としては本編のⅠからⅢの後になるが、時系列としては最初になり、ヴィクトリカと一弥の出会いが描かれる。一弥とアブリルの出会いも、ヴィクトリカとセシル先生の出会いも描かれる。ここから長い物語が始まる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月05日

本編の穴埋め的短編集。そういえば、九条とヴィクトリカと出会いが描かれてなかったな…。
事件は解決するけど、動機は分からず仕舞いなことが多くて、ちょっともやっと。

このレビューは参考になりましたか?