【感想・ネタバレ】黒の回廊のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

matu 2020年09月30日

途中までは、昭和40年代の海外パック旅行紀行文かと心配になるくらいでしたが、
やっとこみ入った事件が起き、引き込まれました。読み終えると、いつもの松本清張氏
らしい社会派推理小説でした。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

また清張の文章力に脱帽

杉本濁張 2016年03月26日

前半、なかなか事件が起きない。駄作かと思いきや中盤を越えると、がぜん清張の文章力が冴えてくる。さては一番怪しく無い者が犯人か?と、読者の期待通りのストーリー展開になってきた。ところが最後は想像だにしない結末が!!
恐るべき清張の文章力です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月12日

清張だから読みやすいだろ、というレベルで夜見はじめたら、普通に旅行記みたいな話で面食らった。女性ばかり30人の、ヨーロッパ漫遊記?という感じ。というのも、最初の1/3は、清張が北欧などへ旅行に行った時の記録といった感じで、特に何も起こらない。ようやく事件が起こるのが、だいたい半分のところ。そこまでは...続きを読む、清張らしくない文章が続く。

とはいえ、普通の情景を描写しているだけではなく、ちょっとしたくすぐり、皮肉を差し込んでいるところは面白い。中盤より少し後に「英語には男性語、女性語がないから、「○○○○。」と男は言った、というように書かなくてはならないので、読んでいてだるい」というような話が入ってくる。

後半も、簡易裁判をひたすら会話だけで記載し、その内容もかなりコナン・ドイルなどの影響を強く受けたもの。外国である意味があるのか無いのか、少々疑問になってくる。

とはいえ、読んじゃうんだよなあ。読みにくいと思っているのに、読み始めると没頭してしまう。このへんが、清張の文のバランス感覚のよさというところでしょう。内容は結構単純です。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

かとちゃん 2017年04月23日

どんでん返しは古典的だったが、テンポが遅すぎ。
ただし、昭和の息吹が新鮮

このレビューは参考になりましたか?