【感想・ネタバレ】スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年04月24日

今更ながらこの本は本当にヤバい!
セミナーのみなず、営業や、商品プレゼン等、様々な場面で応用できる秘伝!

iPhoneの初めての発表
新しい商品を3つ紹介します。
ワイド画面のiPod、革新的携帯電話、画期的ネット通信機器
これは3つの商品ではなく、1つの商品です!

①アナログ
・紙と鉛筆を使い...続きを読む、アナログ世界でアイデアをざっくりとまとめる

②いちばん大事な問を考える
・顧客は何故、あなたの製品を気にかける必要があるのか。
・人々の体験がどう良くなるのか?
・モノが顧客の暮らしをどう改善するのか?

③ヘッドライン
・ヘッドラインはユーザーの視点から書かれる必要がある
・「iPod 1,000曲をポケットに」
・「iPhone3G 速度は2倍、価格は半分」
・説明の最後は、またヘッドラインを使って締める

④3点ルール
・紹介する製品、サービス、顧客に知ってほしいポイントをリストアップ
・このリストを分類し、主要メッセージが3つになるまで絞る

⑤敵役を登場させる(問題提起)
・問題提起なしに解決策を提示するのは✗
・敵役を画でイメージさせることができるか
・それを正義の見方が倒す

⑥箇条書きはダメ
・箇条書きは効果が小さい、と認知機能に関する研究で確認されている
・常識的なプレゼンは聴衆をとらえる力が弱い
・スライドにたくさんの文字が書かれている、また、喋る言葉とスライドが一致しない、等は聴衆の注意が分散してしまう

⑦キレの良い言葉を使う
・休憩室のちょっとしたやりとりで出てきそうな言葉をチョイス

⑧アイコンタクト
・信頼できる、誠実
・アイコンタクトができるのはスライドに書かれていることを把握しているから

⑨開いた姿勢
・ジョブズはめったに腕組みしない

⑩間
・間をとって言いたいことが理解できるように仕上げる。普通は詰め込み過ぎ

⑪音量(抑揚をつける)

⑫スピード(変化させる)

⑬練習
・快適な範囲を飛び出して、大げさにやる。声を大きくする、しぐさを大きくする、思いっきりにっこりする。
それで丁度いい

⑭台本
・パワポのノートに書くようなことを書く
・キーワードをハイライトする
・キーワードを残して台本を削除する

⑮その他
・聞き手は学びと娯楽、両方を求めている
・練習と本番を繰り返すうちに、人はだんだんそれを才能と呼ぶようになる。素直に愚直であれ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月03日

めちゃくちゃすごいプレゼンをすろために。

伝えたいことに対する情熱を持ち、それと同じくらいのサービス精神を持つこと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月31日

スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを分析し、聴衆を魅了するテクニックの数々を明らかにする本。

この本を読んでいるだけでぼくなんかはけっこう元気になってしまいます。
紹介されているのはジョブズのプレゼンのごく一部だったり、決め台詞くらいのものなんだけど、それでもワクワクしてくる。不思議。
こん...続きを読むな不思議に人を引きつける力、自分も身につけられたら。
高校生のときに入手したんですが、引っ越しとかするたびに持っていく、長く大事にしている一冊です。

「スティーブ・ジョブズは世の中を救いたいという熱意に突き動かされている。『宇宙に衝撃を与えたい』と思って仕事をしている。心の底からわき起こる情熱がなければ、本書で紹介するテクニックも役に立たない。 トピックに対する強い思いがあれば、ジョブズと同じ魅力を実現する道の8割は来たと思っていいだろう。ジョブズは、娯楽を大きく変えるというビジョンに心を奪われ、21歳の若さで、友人のスティーブ・ウォズニアクとともにアップルを創業した。その情熱は伝染力が強く、彼の周囲にいる人を次々巻きこんだ。この情熱こそ、ジョブズのプレゼンテーションから伝わってくるものなのだ。」(プロローグ)

ムカつくようなひどいプレゼンテーターに読ませたいのは「シーン8 禅の心で伝える」。
スライドは、やりすぎなくらいスッキリ、シンプルにするのがコツ。箇条書きすら不要。
文字がたくさん書かれたスライドは聴衆の体験を劣化させるだけなのだ。
なるべくなら写真や図を見せる。難解な言葉はさける。
そうすれば自然と聴衆はスピーカーに注目するようになる…

「シーン10 『びっくりするほどキレがいい』言葉を使う」も必修。ここでは、ジョブズのしゃべり方に大きく3つの特徴があると説明される。
3つとは、シンプル・具体的・感情的。

例えば、MacBook Airの発表では…

「これがMacBook Airだ。触ってみるととっても薄いことがわかる(具体的)。でもキーボードもディスプレイも普通に大きいんだ(シンプル)。すごいだろ?(感情的) 見た目はこんな感じだ。素晴らしいよね?(感情的) 世界で最も薄いノートパソコンだ(シンプル)。ディスプレイはゴージャスな13.3インチワイドスクリーンだし、キーボードはなんとフルサイズだ(感情的かつ具体的)。ここまでやってくれるとはうちのエンジニアリングチームには驚かされたよ(感情的)」

という感じ。

ビジネスで通常使われる言葉はだいたい複雑だったり大げさだったり回りくどかったりする。
もっと大胆に、キレのいい言葉を使おう!

プレゼンテーションは、情報を提供するとともに、その過程を皆で楽しむものだ。
つまり、「インフォテインメント」なのだ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年05月25日

シーン1…計画はアナログでまとめる
・アナログ世界で、計画段階と筋書きをまとめる→絵を書く→スライドを作成する
聞き手に訴えるのはストーリーであり、スライドでない。

2…一番大事な問いに答える
聞き手にとって、どんなメリットがあるのかを常に主張していく、聞き手に覚えてほしいポイントを何回も伝える
...続きを読む製品を売るのでなく、よりよい未来を売ること

3…救世主的な目的意識を持つ
世界を変えたいという強い情熱を持てば、成功は後から着いてくる

4…ツイッターのようなヘッドラインを作る
ビジョンを一文で簡潔に表すヘッドラインを作る
簡潔、具体的、受け手のメリットを示す

5…ロードマップを描く
紹介するものについて、ちょうしゅうに知ってほしいと思うポイントをすべてリストアップする
これを分類し、主要メッセージが「3つ」になるまで絞り込む

6…敵役を導入する
プレゼンテーションの早い段階で敵役(問題となる部分)を提起する。なぜこれが必要なのかを考えれば、問題は簡単に思いつく
エレベーターピッチ(何をするのか、どの問題を解決しようとするのか、ほかとはどう違うのか、何故気にかける必要があるのか)

7…正義の味方を登場させる
業界の現状を描写し、それがどうあるべきなのかビジョンを紹介する
ユーザーが痛みを感じる部分を描き、自分の会社がどのようにその痛みを和らげるのか描く

8.禅の心で伝える
箇条書きは絶対避ける、一枚のスライドは一つのテーマにする、写真や画像で補強する
見た目がうつくしいスライドになるよう努力する

9.数字をドレスアップする
数字を具体的にイメージできるものに比喩する

10.キレのいい言葉を使う
コピーの文句をシンプルで、具体的で、感情的にするとにかく簡潔なものに直す

11.ステージを共有する
顧客からもらった推薦の言葉をプレゼンテーションに組み込む

12.小道具をうまく使う
プレゼンテーションにデモを組み込む。デモは短く、魅力的で、実質的にし、全力で行う。

13.うっそー!な瞬間を演出する
意外な体験談、予想外の情報を提供し、記憶に残る瞬間を演出する
感動の瞬間に向けた筋書きを作り、十分に練習し、盛り上げ、爆弾を落とす

14.存在感の出し方を身につける
アイコンタクトを保つ、開いた姿勢をとる、必要に応じて身振り手振りを活用する。
抑揚をつけ、声の大小、しゃべるスピード、喋り方に変化を
自分が喋ってるところを録画して見る

15.簡単そうに見せる
練習あるのみ。
アイコンタクト(メモを見ない)、ボディーランゲージ、つなぎの言葉を言わない、喋り方に変化を、エネルギーを持つ。録画をして確認する

16.目的に合った服装をする

17.台本を捨てる
練習法…しゃべる内容を全文書く→そのうちのキーワードに線を引き、プレゼンを練習する→キーワードだけを残して台本を削除する→スライドごとに1つだけのキーアイデアを頭に叩き込む→メモなしで、スライドだけを足がかりに練習する

18.楽しむ
自分でプレゼンを楽しもう

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月26日

仕事でも仕事以外でも、人前で話せるに越したことはないし、人に伝える時に最大の効果を発揮するに越したことはないと、会社に置いてあったので読んでみた本。

もちろんテクニックの話も書いてあったが、そのプレゼン技術の裏には並々ならぬスティーブ・ジョブズの努力と想いがあったと分かる。
何日も何時間も練習を重...続きを読むねていたと書いてあって、やはりいかに準備が大事かというのを改めて感じた。

人をワクワクさせるプレゼンや講演会は、話している本人も心からワクワクしている!!
伝えたい熱い想いと、伝わりやすいシンプルな表現などの技術のバランス、両方を大事にして自分も話してみようと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月09日

少しでもプレゼンがうまくなりたいと思い読んだ。わかりやすく、人に届く。それを目指したいなら、スティーブジョブスのプレゼンはまねる価値があると思う。スティーブのプレゼンを詳細に分析し表現方法等を惜しみなく披露してくれているので、まずは”やってみよう”と思える書だ。ただ、必要不可欠なのは、「練習」。これ...続きを読むなくして人に訴えるプレゼンはできない。そして、楽しむ。スティーブも言うように、「世界を変えるような製品」をpresentする機会に、人はそう恵まれないだろう、アップルは幸運にもそれができた。では、そういう機会がない人達は、どうやってモチベートし、楽しんでやるか?その答えは残念ながらこの著にはない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月05日

 ジョブズの講演はiPodに入れていつも楽しんでいたし、雑誌でもよく分析されていたけど、ここまで明快に分析されたものを読んだのは初めて。シンプルを極めるという点で、プレゼンだけでなく普段の仕事にも活かせる内容。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月09日

・聞き手に訴えるのはストーリーである。スライドではない。
・アリストテレス人を説得する5つの方法
 ?聞き手の注意を引くストーリーやメッセージを提出する
 ?解決あるいは回答が必要な問題、あるいは疑問を提出する
 ?提出した問題に対する解答を提出する
 ?提出した解答で得られるメリットを具体的に記述...続きを読むする
 ?行動を呼びかける
・聴衆は製品のことなど気にしない。注意を払うのは自分自身。
・一生砂糖水を売り続ける気かい?それとも世界を変えるチャンスに賭けてみるかい?
 (ジョブス→ジョンスカリー)
・偉大なリーダーとは人々をよりよい未来へといざなう人である
・どの製品にも必ずといっていいほど1文で表した概要を用意し繰り返し使う
 (「1000曲をポケットに」「世界最薄のノートパソコン」)
 ?何をするのか?
 ?どの問題を解決しようとしているのか?
 ?他とはどう違うのか?
 ?なぜ気にかける必要があるのか?
・箇条書きのないプレゼン:禅の心
・簡にして要の説明ができないのは十分に理解できていないからだ
 -アルベルト・アインシュタイン-
・数字はそれを聞き手の暮らしに密着した文脈に置くことが大切だ
・ステージ上
 ?アイコンタクト→アイコンタクトを避ける人は自身がなくリーダーらしくない
 ?開いた姿勢
 ?手をよく使う
 ?何時間も練習する
・エネルギッシュに
・即興コメント
 ?たずねられる可能性が高い質問をリストアップする
 ?想定した質問を「バケツ」に入れる(タグをつける)
 ?カテゴリーに対するベストな解答をバケツごとにひとつ用意する
 ?質問をよく聞いてキーワードを探す
 ?質問者の目を見ながら、自身をもって回答する
・台本を捨てる
 ?PPTの「ノート」にしゃべる内容を文章で書く
 ??で書いた台本のキーワードをハイライトするかアンダーラインを引いてからプレゼンの練習
 ?キーワードだけ残して台本を削除する
 ?スライドごとにひとつのキーワードを頭に叩き込む
 ?メモなし、スライドのみでプレゼン全体を練習する
 ※ここまでで4回は練習することになる。削りながら。
・アメリカの「ShowAndTell」はプレゼンの訓練ではなく人にわかってもらう楽しさを早期に経験させる時間

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月04日

・「情熱がない人は元気がない。元気がない人は何も手に入らない」
・ジョブズのプレゼンはシンプルで視覚的、箇条書きがない
・「リーダーは簡素化するのが仕事です。今後の方針を2分で説明できなければいけないのです」ロイヤル・ダッチ・シェルCEO
・アナロジーなどの方法で数字をドレスアップする
・名刺の肩書...続きを読む「お偉いさん」
・世界的な達人のレベルまで熟達するには1万時間の練習が必要
・自分に都合のよいかたちで質問に対応する−「バケツ方式」−7種類も用意すれば、ほとんどの質問に対応できる
・どうしてもメモが必要なときは、1枚に3点か4点を大きなフォントで箇条書きにする
・多少の失敗があっても最後までしっかり話す
・失敗してもにっこり笑って次へ進もう
・引き算する勇気

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月25日

会社ではプレゼンがうまいと言われているが全然自身がない私。しかしこの本を読んでジョブズも死ぬほど事前練習しているのだと分かって安心した。
頑張れば出来る気にさせてくれる一冊。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年06月02日

Appleのスティーブジョブズのプレゼンを分析した本です。プレゼンをテーマにした本はたくさんありますが、そのなかでもかなり解り易い本だと思います。ジョブズのプレゼンはYouTubeにたくさんアップされているので参照しながら読み進めるとなお解り易いでしょう。本文に出ているように、万人に訴えるなら「見て...続きを読む、聞いて、体感する」要素を盛り込むこと!が必要であるなら、この本を効果的に読むには、本だけでなく映像で補って読み進める方が腹に落ち易いでしょう。いつかジョブズのようなプレゼンを…そう思わずにはいられません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

日経アソシエの紹介を受けて購入。
読めば読むほどすごい。
『数字をドレスアップする。』とかいい。
ただ、18個の法則がすべてどのようなシチュエーションでも使える訳ではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月01日

【再読】絶賛巣ごもり生活中。再読三冊目。

誰の前でもめちゃくちゃすごいしゃべりができるためには。

ジョブズが過去に行った様々な講演を分析し、人々を魅了するプレゼンの極意18の法則を伝授する。

ジョブズが講演の中で実際に発した台詞(日本語訳つき)と、会場のスライドに映された内容(単語、文章、画像...続きを読む)が随所に取り入れられており、想像力を膨らませながら読み進めることができる。

今でも語り継がれるジョブズの伝説的なプレゼンは、何十何百時間にも及ぶ緻密な訓練、したたかな舞台演出、何より燃え尽きることのない情熱によって初めて実現した。

YouTubeでも手軽に視聴できるジョブズの講演。本当に便利な世の中になったと思う。動画と併用することで、本書の理解と記憶の定着に拍車を掛けてくれるはず。

ジョブズを目指す必要はないが、良いコミュニケターになることが目的であれば、本書からたくさんのヒントを得られる。

ベストセラーなのでその必要はないかもしれないが、まだ本書を知らないApple信者には特にお勧めしたい。

#StayHome

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月19日

当たり本。
この本はスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを科学する。彼のプレゼンはどうして人を惹きつけるのか、そのために何を意識しているのか。それを文書化してくれた書籍。
書かれてあることは決して神業ではなく、難しいことではない。これを淀みなくやってのけるのが、彼の凄いところである。彼はリハーサ...続きを読むルを何度となく繰り返している点は忘れていはいけない。天才はとにもかくにも努力家なのである。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月24日

本で伝えるのは非常に難しいプレゼンテクニックだが、著者はジョブズの細かいテクニックまでわかりやすく伝えている。
当然、これを読んだからといって、すぐにプレゼンの達人になれるわけではない。

エッセンスとしては
1.1つのシートには簡単な単語ひとつ、フレーズひとつ、写真のみにするなどシンプルに。情報を...続きを読む詰め込みすぎてはいけない。フレーズも難しくいわず、わかりやすく。
2.しゃべりは緩急の差をつける。強弱をつける。ジェスチャーをつける。トラブルがあってもあわてない。
3.やはり3つにまとめることはここでも有効らしい。
4.資料の作成には充分時間をかける。
5.しゃべりには充分すぎるほど練習をおこなう。メモはあまりみなくてもいいように。","経営
仕事術
組合購入
プレゼンテーション

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年03月24日

プレゼンが苦手(嫌い)なので大いに参考になりました。ただ、エンターテイメント的な要素を大事にしすぎだと感じます。日本的なプレゼンは冗長な説明が多くウンザリするのも確かですが、極端にエンターテイメント化されたプレゼンも全ての場面で適切だとは思えません。でもまあ日本人にとっては良い刺激かな…

積読の小...続きを読む説本を読み進めたいのだが、どうも流行り・ビジネス系に寄り道中ですな…(´∀`;)
この本、前半はナルホド!と勉強になることも多いのですが、結局の処プレゼンをエンターテイメントとしていますね

確かにジョブスさんのような立場で製品の講演を行うという状況なら全面的に是と思いますが…
(日本企業も商品発表をちっとは工夫せえ!)
ビジネスの場面で常に有効かというと微妙な気がしますね、全部がショーではないですから

ただ産業界だけでなく、政治なんかでも情報発信が極めてというか、基本的に苦手な我が国民には広く読んでほしい
そういう意思伝達者としての考えや手法については非常に解りやすく説明されてますから…

星4つ★★★★(´∀`*)ですなー♪


後期高齢者医療制度。ジョブス氏みたいなプレゼン手法を用いて国民に説明していたならば…、きっと結果は異なっていただろうな
それとも爺婆様らは怒ったかな?(かなり難儀な人も多いからなぁ)
政治家や官僚があまりテクニックに走られても困るが、聴衆に共感を得られない人は表に出るべきではない
ほどほどに学んでくれんかね?日本の政治家や官僚よ…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月16日

アウトプット大全、ロジカルシンキングを読んだ後、この本を読むと、ジョブズのプレゼンはそれぞれの本にあるテクニックやマインドを満たしていることがわかった。

この本の中で最も強く思わされたのは、プレゼンは練習ありきだということ。

これまでは私が作ってたものはスライデュメント(スライド+ドキュメント)...続きを読むと表現されており、聴衆に文字を読ませることは作者の怠慢であるというのはその通りだと痛感した。
スライドをシンプルにする反面、練習(アウトプット)にかなりの時間を割く。世間では偉人と言われる人たちが。

スライドに詰め込もうとするあまり、練習よりもスライド作りに偏ってしまい、結局伝えたいことがうまく相手に伝わらずに終わってしまう。
いかに専門用語を使わず、知識がない人にも伝わるように説明することが重要で、それができるためには練習に時間をかけることが必要。

今後はプレゼン当日までの時間の使い方を改めていきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月03日

スティーブ・ジョブズのプレゼンテーション技術を紹介、解説している本。

ここで紹介されているテクニックはジョブズだからこそというものもあるが、3点ルールなど一般の人にとっても大変参考になる内容で勉強になる。何より、読んでいて面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月05日

最近、プレゼンをする機会が増えたので手に取った一冊。そもそもスティーブ・ジョブズのプレゼンがなぜこんなに評価が高いのか、そのあたりを知りたくて買った。日本人はその国民性も相まってプレゼンが苦手な人種ではあるとおもうけど、やはりこれを読んで、ジョブズのプレゼンを映像で見たら何とかしないとなあと実感させ...続きを読むられた。
あと改めてジョブズの生き方みたいなものに興味が出た。人物記みたいな本を探して読んでみたい。

以下備忘録。
・スライドをシンプルにすること
・プレゼンにはジェスチャー、アイコンタクトを混ぜること(印象が良くなる)
。やっぱり最後は練習が必要なこと
・プレゼンを楽しむこと

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月23日

スティーブジョブズ氏の情熱の一端を知ることが出来る。
熱い情熱を持ち物事に取り組むことが大切である。
個人的にはプレゼンの機会は少ないが興味深い内容であった。

このレビューは参考になりましたか?